青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその1

朝、何気なく部屋のテレビを点けたら、

いきなり目に飛び込んできたのが福島の原発でした。

こんなアフリカの僻地でも、トップニュースとして扱われるんですね。
b0207724_0384738.jpg



朝食をホテルのロビーで頂いてから、歩いてJICA事務所まで移動。
b0207724_0394791.jpg

b0207724_0404197.jpg

b0207724_0413312.jpg


途中、とても普通の道とは思えないような、まるで路地裏のようなところも歩きましたが、

これでも首都の、一等地の、れっきとした道路です。
b0207724_0422434.jpg



ホテルから10分ほど歩いて、事務所には到着しました。
b0207724_0432249.jpg

b0207724_0441335.jpg

b0207724_0445671.jpg

b0207724_0453732.jpg

b0207724_0461749.jpg



着いてまず、スタッフより簡単な施設内の案内があった後、

次いでガーナ駐在所長のありがたーいお話。


それから、現地のガーナ人スタッフ・クマさんの挨拶。

この時ちょっと感じたのが、ガーナ英語はクセがあるということ。


例えば「ask(尋ねる)」を「アクス」って発音するんですよね。

「person(人)」は「ペーソン」だし。


正直、ガーニアンイングリッシュは、慣れるまで時間がかかりそうです・・・。



その後、全員で車で移動。

一路、JICAボランティアの受入担当である

「財務省」(MOF:the Ministry Of Finance)へ表敬訪問。

ガーナの場合、担当がなぜか外務省じゃなくて財務省なんですって。
b0207724_0493256.jpg

b0207724_0474141.jpg

b0207724_0483631.jpg


財務大臣なのかどうかは定かではありませんでしたが、

どっからどう見てもそれらしいお偉いさんに、英語で挨拶。


もうすっかり、英語での自己紹介にも慣れましたね。

それがちゃんと伝わってるかどうかまでは知ったこっちゃないですが・・・。



表敬訪問終了後、昼食をとるために近くのレストランへ。
b0207724_0503898.jpg

b0207724_0335694.jpg

b0207724_0521889.jpg

b0207724_0531547.jpg

b0207724_0541151.jpg


目的は、現地スタッフ・クマさんによる、ガーナ食の紹介および食べ方の実演講座です。


何はともあれ、まずは手を洗うことからスタート。
b0207724_0581954.jpg

b0207724_10433.jpg


ちなみにボトルには「食器用洗剤」と書いてありましたが、気のせいだと思います。


飲み物は「alvaro」という、あまーい炭酸飲料。

まあ、ファンタみたいなもんですよ。ちなみにファンタもアフリカにはあります。
b0207724_123844.jpg



フーフー
b0207724_19752.jpg


バンクー
b0207724_110351.jpg


ティラピア
b0207724_1113118.jpg


ジョロフライス
b0207724_1132473.jpg


シトー(激辛の調味料)
b0207724_1141749.jpg


などなど、古今東西のありとあらゆるガーナ料理を、お腹いっぱい頂きました。
b0207724_1173287.jpg

b0207724_1161536.jpg

b0207724_0344899.jpg

b0207724_0354187.jpg


もちろん、アフリカンっぽく、手でワイルドに頂きましたよ。
b0207724_1183869.jpg

b0207724_1193993.jpg



ついでに、ここではガーナで使われるお金についての講座も開かれました。
b0207724_057839.jpg


ガーナの通貨は「ガーナセディ(Ghana Cedi)」です。

・50セディ
・20セディ
・10セディ
・5セディ
・2セディ
・1セディ

のお札が、それぞれあります。

で、補助通貨(コイン)が「ペセワ(Pesewa)」で、以下の種類があります。

・100ペセワ=1セディ
・50ペセワ
・20ペセワ
・10ペセワ
・5ペセワ
・1ペセワ


最近、デノミネーション(貨幣単位の切り下げ)が行なわれたみたいですね。

ちょっと英語が聞き取れなかったですが、ゼロが3つ取れたって言ってたような気がします。


こうして、和気あいあいとみんなで食事をしながら色々なお勉強が出来ちゃったわけですが、

たかだか昼ごはんに2時間以上かかるのも、ガーニアンカルチャーなわけですね。

ええ、わかります。



昼食後は、再び車で事務所へとカムバック。
b0207724_1223497.jpg

b0207724_1235860.jpg


帰ってからは、ひたすら形式的な書類と格闘しました。
b0207724_1251473.jpg


ビザの延長申請とか、

現地の銀行口座の開設とか、

ガーナ大使館に提出する書類とか、

かと思えば日本大使館に提出する書類とか、

その他いろいろありました。
b0207724_0371256.jpg



2年間使う、携帯電話も貸与されました。

これで、一気に我がアフリカンライフに文明の利器がもたらされたことになります。
b0207724_1274197.jpg


ていうか、随分便利な世界になったもんですね。

ここは、砂とジャングルの大地・アフリカですよ。

にもかかわらず、ほぼ国内の全土で、ケータイが繋がるんですよ。


はぁ。

技術の進歩って、スゴいね。



夕方4時過ぎには、今日のオリエンテーションも全て終了。

ホテルに帰り、私服に着替えた後、せっかくの機会ということで、

近くのショッピングモールへみんなで歩いて行くことに。
b0207724_1324069.jpg

b0207724_134539.jpg



そこに行くためには、車がひっきりなしに往来する、

信号のない片側2車線の国道を横切る必要があったわけで、

これが本当に怖くて、決死なわけです。


あそこに行くたびにこれを2回(往復)繰り返さなきゃならないと思うと、

正直、先が思いやられます・・・。
b0207724_1354567.jpg

b0207724_1365650.jpg



建物の中に入ると、スーパーマーケットはあるわ、ホームセンターはあるわ、

フードコートはあるわ、服屋さんから銀行からケータイ屋さんから何から何まで、

とにかく、ここに来ちゃえばなんでも揃いそう。
b0207724_138586.jpg

b0207724_1391067.jpg


アフリカでも、こういう「イオン」的なショッピングモールがあるんですね。


・・・と思ったら、後で聞いたところ、

やっぱりこういう施設はかなり珍しいみたいですね。


とりあえずひと通りぐるっと巡った後、

スーパーマーケットで出来合いの惣菜を買い、今日の夕食はこれで済ますことに。


外に出ると、すっかり真っ暗。
b0207724_139455.jpg


赤道に近い分、日本より昼の長さは・・・どうなんだろ。

まったく分かんないや。

教えてエロい人。


ともかく、再び地獄の2車線道路を横断し、

ホテル付近は高級住宅街なのでそれなりに電気は点いていたものの、

それでも夜道は薄暗く、かなり怖い帰路となりました。



しかもホテルに戻ったところで、襲われたのが猛烈な気だるさ。

慣れない暑さの下、いきなり精力的に動き回っちゃったので、

さすがに身体が悲鳴をあげたのでしょう。


せっかく買ってきたお惣菜にもいっさい手が付けられず、

そのままベッドで倒れるように眠りましたとさ。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-03-30 23:59 | ガーナ1103