青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその248

夜中。

刺すようなお腹の痛みで目を覚まし、トイレに駆け込むと、

もうそれから朝まで全く離れられなくなりました。


こう言っちゃなんだけど、もう猛烈な下痢には慣れましたよ・・・。




完全に出し切ったところで、昨日の疑問を晴らすべく、

脂汗を流しながらも元気に登校。


正解は「我が校の開校40周年式典」でした。
b0207724_34376.jpg

b0207724_16613.jpg

b0207724_1674378.jpg

b0207724_16115237.jpg



ていうか、そんな大々的なイベントが開催されるのを、

今日の今日まで知らなかったなんて・・・。

誰か教えてよ・・・。


式次第によると8時から開始ということらしいですが、

実際にセレモニーが始まったのが11時。


まあ、ガーナだよね。


そしてそこから5時間。

徹頭徹尾、長ったらしいスピーチのオンパレードという、案の定の展開。



しかも内容が全く無いんですね。

ただゲストを紹介して、「今日出席してくれたことに感謝する」とか、

「我が校は、普通科、科学科、農業科からなり・・・」と、事実を淡々と述べたりするだけ。


当然ながら生徒たちはもちろんのこと、教員も学校スタッフも誰も聞いてないし、

あまつさえタダで配られるペットボトルの水を取り合ってケンカしたりもしてるし、

とにかくグダグダ。


それでも彼らは、自分が好きなようにひたすら喋る。


そして随所に大音量で流れる音楽。

それに合わせて踊り狂う聴衆たち。


なんかもう、ザ・ガーナでしたよ。


これが例えば日本だったら、生徒に対する語りかけというか、

「生徒」を中心に話が展開されるんでしょうけどね。


いったい、誰のためのイベントなんだか・・・。





ただ、嬉しかったことがひとつ。


校長先生のスピーチの中で、学校の歴史を延々と語っていたんですね。

創立から歴代校長、沿革などを淡々と。


その中で、日本からのボランティアの受け入れ実績ということで、

私と、私の前任の方の名前が呼ばれたんですよ。


ちなみにアメリカのPeace CorpsやイギリスのVSOなど、

世界各国にボランティアを派遣している協力団体は多々ありますが、

ウチの学校に限っていえば過去のボランティア受け入れ実績はたったの2人。


一介の日本人が、地球の反対側にある、

ちっぽけな国の、ちっぽけな街の、ちっぽけな高校の、

その歴史に名を残したわけですよ。


W邊さん、私たちは確実に、この学校に、

このガーナにしっかり爪痕を残してますよ。




それにしても悲しかったのが、このセレモニーのいっちばん最初、

「教職員入場」みたいな感じで二列になって入場することになったんですね。


で、誰が言い出したか、「背の順で並ぼう」ってことになって、

男女それぞれ分かれて並ぶことになったわけなんですが・・・


男性教師の列の先頭が私だったんですよ。


ウチは教員だけで80人ぐらいいるんですけど、それでも堂々たる先頭はこの私。

確かに私も、中学校までは前ならえの時は腰に手を当ててましたけどさ・・・。


さすがアフリカ。

発育の良さが際立ってますね・・・。






そして帰りしなに、なぜか学校のロゴマークが入った「ポロシャツ」を貰いました。
b0207724_15485777.jpg


でも、サイズが「XXL」って・・・。
b0207724_15531774.jpg


いや、さっきオレ最前列にいたじゃんね・・・って、あ、余りモノなんですね。

しかもこの日のために作ったんですか。

ああ、左様でございますか。

ありがたく、頂戴いたします。


一生着る機会ないだろうけど・・・。





そして夜。


セレモニーの途中で出されたジョロフライスだけでは空腹を満たすことは出来なかったようで、

お腹の虫がブーブー鳴いて、機嫌悪いのなんのって。


そこで、こないだKumasiで購入した「焼きそばUFO(Made in China)」を

お夜食として頂いたわけなんですが・・・
b0207724_15572588.jpg


これが、まあ残念極まりないクオリティでして。


あのUFOがアフリカでも食べられる!と期待して食べると、

ガッカリ感がハンパないわけですよ。


ま、アフリカだもんね。



ああ、夜中なのに学校で花火が上がってる・・・。

なんか、切なさは増すばかりですよ・・・。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-12-02 23:59 | ガーナ1112