青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその255

ニワトリの鳴き声と庭をホウキで掃く音で起こされる、

いつもと変わらないJukwaの朝。


せっかく私と同職種でおんなじ高校のICT教師の配属先までやって来たということで、

まずはちょっと高校内を見て回ることに。
b0207724_20273869.jpg


ガーナの学校は基本どこもそうですけど、緑が多くて、不安定な土地に建ってますよね。
b0207724_20294577.jpg


略称は「JUKSEC」なんですね。
b0207724_20324082.jpg


なんでも明日から20周年記念式典が行われるらしく、生徒がマーチングの練習をしてました。
b0207724_20345294.jpg


ここがコンピュータラボの入口。
b0207724_20363063.jpg


んで、中はこんな感じ。
b0207724_20372384.jpg

このラボ、正直、私が今までガーナで見てきた中でダントツのハイ・クオリティです。
b0207724_2039980.jpg

“nComputing”というソフトが各端末に入ってまして、

いわゆる「シンクライアント」化されているんですね。
b0207724_20395645.jpg

これがホストコンピュータで、
b0207724_20402895.jpg

一台につき一列、すなわち10台を管理しているんですって。
b0207724_20381454.jpg


途上国でシンクライアント・・・考えもしませんでしたよ。

でも、管理もラクになるし、本体ユニットの場所取らなくても済むし、イイですよね。


ウチもそうすりゃ・・・って、無理だな。

たぶん「シンクライアント」とは何ぞや、から始めないとね。





ただ正直、宝の持ち腐れという気がしてならないんですよね・・・。


実はこの学校、ちょいとレベル的に高くないんですね。

ぶっちゃけ、かなりのお●鹿高校です。


ちなみにそんな学校に、なんで場違いなくらい良いコンピュータ環境が整っているのかと尋ねれば、

底辺高校にそれを入れることで、どれだけ彼らの学力が向上するかテストしたい、

という魂胆があるんだとか。



だから校内で生徒とすれ違っても、

普通に「中国人」を意味する差別用語で私たちを煽ってくるんですよ。


そりゃあ私もこれまでに、街中やステーション付近を歩いてて、

アジア人を馬鹿にするような発言は耳にタコが出来るくらい聞いてきましたよ。


ていうかこの国に住んでれば、それを感じない日は無いですよ。


でも、それでも、さすがに配属先の学校では無かった。

正確には配属された当初はあったけど、今は皆無。


それは私も「肌の色で区別するのは間違っている」と言い続けてきたし、

周りの先生たちも努力してくれたみたい。


それが、ここでは当たり前なんですよね。

正直、彼が不憫でならないというか、可哀想というか・・・。


ホント、誰が悪いんでしょうね。

まあ、元をただせばこの国の民度が低いのが悪いのでしょうけど・・・。




翌日に控えた式典の準備の関係で、今日は授業も無いらしく、

せっかくなのでS村隊員と仲良くお出かけすることに。


学校の正門からトロトロを拾って、向かったのが国立公園「Kakum National Park」。
b0207724_2162034.jpg

この国の農村部は全て国立公園のような気がしないでもないですが、

とりあえず表のゲートで入場料1セディをお支払い。
b0207724_2224987.jpg




その先のオフィスで受付。

色々オプションはあるのですが、

今回はオーソドックスに「Canopy Walk」というアトラクションのみを体験することに。


ちなみにJICAボランティアの証明書を提示すれば、

30セディが15セディにディスカウントされます。


「ここでガイドを待ってね」と書かれたゲートの前で、しばらく頭数が揃うのを待ってから、
b0207724_2242937.jpg


いよいよ山歩きの開始。
b0207724_2275670.jpg


途中、ガイドさんの説明を挟みながら、
b0207724_2285262.jpg


さらに険しい山道を進むと、
b0207724_22101296.jpg


掘っ建て小屋のような建物に到着。
b0207724_22262124.jpg


これが「Canopy Walk」と呼ばれる、世界で唯一(らしい)の、

熱帯雨林にある空中散歩を楽しめる“吊り橋”のスタート地点です。
b0207724_22305293.jpg


一度に多数は渡れないので、ちょっとずつ小分けにして歩き始めるのですが、

どうしても足がすくんでゆっくりしか動けないお客さんがいたり、

こうやって橋の真ん中でのんきに記念撮影してたりすると、
b0207724_22351117.jpg

b0207724_22365178.jpg

結局一ヶ所に固まっちゃったりするんですよね。
b0207724_23311113.jpg


地上30mに架けられた橋ということもさることながら、

「この国」が管理しているということも加味すると、その怖さは何倍にも膨れ上がりますよね・・・。


しかし吊り橋に一歩足を踏み出した以上、もう後戻りは出来ないので、

とりあえずただひたすら前に進むのみ。
b0207724_22433743.jpg

b0207724_22443697.jpg

b0207724_2246792.jpg

b0207724_22473191.jpg

b0207724_22485380.jpg

b0207724_22502924.jpg

b0207724_22514050.jpg

b0207724_22525396.jpg

b0207724_22542369.jpg

b0207724_22552735.jpg

b0207724_22564184.jpg


動画だとこんな感じ。



そんなこんなで、およそ30分の空中散歩は終了。
b0207724_233435.jpg


既に行ったことのある他の隊員が口を揃えて「カクムは期待する程じゃないよ」と言うので、

あえて期待せずに行ったんですけど、その分そこそこ楽しめましたよ。


ただ、これだけで15セディ、ボランティア割引が無けりゃ30セディですからね。

まあ、観光資源が著しく乏しい発展途上国ですからね。

“寄付”だと思って甘んじましょうよ。


再び険しい山道を下って、
b0207724_235641.jpg

遠足に来たっぽい子供たちとすれ違いつつ、
b0207724_23203337.jpg

そして出口へ。
b0207724_23213448.jpg


その後トロトロでケープコーストの市街に戻り、F田隊員と再合流。
b0207724_23231648.jpg


続いて向かったのが、ケープコーストから10kmほど離れた「エルミナ」という都市。
b0207724_23251216.jpg

こちらも海に面した、潮風が心地よい港町です。
b0207724_23264580.jpg

b0207724_2327225.jpg

魚市場なんかもあったりして。
b0207724_23324540.jpg

料理隊員のF田隊員はここが御用達らしいですね。
b0207724_23335499.jpg


その後、ここエルミナにも世界遺産「エルミナ城」があるということで、
b0207724_23395043.jpg

ちょっくら観光に行こうと思ったのですが、

F田隊員もS村隊員も既に行ったことがあるということで、またしても一人で行くことに。
b0207724_23374159.jpg


中はこんな感じ。
b0207724_045457.jpg

入口でガイドを付けるか聞かれたんですが、

昨日みたく途中で英語の解説について行けなくなっても申し訳ないので、

丁重にお断りして、ひとりで回ることにしました。
b0207724_062749.jpg


ちなみにこちらはJOCVカード提示で11セディの入場料が7セディになります。

隊員の方は、お見知りおきを。
b0207724_0395175.jpg

b0207724_0413936.jpg


こっちにも「男性奴隷用地下牢」がありますね。
b0207724_0202612.jpg

b0207724_0212396.jpg

b0207724_0244372.jpg

「脱出艇への奴隷出口」
b0207724_024157.jpg

b0207724_0252485.jpg

b0207724_0263448.jpg

その出口から望むのは・・・
b0207724_027322.jpg

やはり大海原のみですね。
b0207724_0281313.jpg


動画だとこんな感じ。



こちらは「女性奴隷用地下牢」の入口。
b0207724_0385989.jpg

b0207724_0433316.jpg

b0207724_0442879.jpg

b0207724_0453917.jpg

b0207724_0462526.jpg

b0207724_0513126.jpg


b0207724_0524138.jpg

b0207724_0534899.jpg

b0207724_0545865.jpg

b0207724_056525.jpg

b0207724_124967.jpg

b0207724_134125.jpg

b0207724_144795.jpg

b0207724_153978.jpg

b0207724_162280.jpg

b0207724_172957.jpg

b0207724_1124652.jpg

b0207724_1143899.jpg

b0207724_1155427.jpg

b0207724_1164487.jpg

b0207724_1172643.jpg


b0207724_1201955.jpg

b0207724_1212444.jpg

b0207724_136714.jpg

波打ち際に、揃えられた二足の靴・・・。
b0207724_1371442.jpg

b0207724_222385.jpg

b0207724_225981.jpg

b0207724_24487.jpg

b0207724_254219.jpg


b0207724_262996.jpg

b0207724_272316.jpg


そして1時間余りの観光を終えて2人の元に再び戻ると、彼らの第一声は

「顔色真っ青だよ」

でした。


いや、別に霊感とか全く無いんですけど、

確かにここはなんか空気がオカシかったんですよ。


途中でお腹の調子が悪くなってトイレに駆け込んだし・・・。

撮った写真を見返してみても、やたらピンボケしたのが多いし・・・。
b0207724_0583967.jpg

b0207724_0592158.jpg

b0207724_103075.jpg

b0207724_1133265.jpg

b0207724_1182264.jpg


そりゃあココで数十万人が亡くなってるんですもんね・・・。

“出ない”ほうがおかしいですよね・・・。



続いてみんなで向かったのが、F田隊員推奨の、ガイドブックには載っていない「ジャゴ要塞」。
b0207724_2125066.jpg


こういう隠れ家的存在の観光スポットを知ってるってのも、

地元で活動する隊員ならではですよね。


超急勾配の心臓破りの坂を上り切ると、
b0207724_293325.jpg

なんか物騒な大砲がお出迎え。
b0207724_211347.jpg

さらに高い所に登れば、
b0207724_2185538.jpg

360度エルミナの街が一望できる絶景に出逢えます。
b0207724_219375.jpg

b0207724_2203115.jpg

b0207724_2211033.jpg

b0207724_2215020.jpg

b0207724_2222729.jpg


窓を開ければ、すぐそこに異国情緒ただよう街並みが広がっているわけですが、
b0207724_223571.jpg

よく考えればこの眺めも、どこからでも監視しやすいように、

丘の上にこの要塞をこしらえたからこそ見られるわけですもんね・・・。


いやはや、色々考えさせられる2日間の世界遺産ツアーでした。
b0207724_2235998.jpg




そして苦労して上ってきた坂をあっという間に下り、
b0207724_2312714.jpg

市街地を抜けて、
b0207724_2325059.jpg

海沿いを歩き、
b0207724_234411.jpg

ギニア湾に沈む夕日とエルミナ城を背中いっぱいに受けて、
b0207724_234541.jpg

とある高級リゾートホテルへ。
b0207724_2393480.jpg


改めてここのビーチから臨むエルミナ城と夕陽が、まあ見事で。
b0207724_2405318.jpg

b0207724_2423948.jpg


暮れなずむギニア湾を64倍速で再生すると、こんな感じ。



そして夕食は、シュリンプが食べ放題のビュッフェがあるということで、

期待に胸を膨らませてレストランに飛び込んだら・・・
b0207724_2432986.jpg




「今日はありません」ですって。





ああ、歴史ある建物とかキレイな景色とかに見とれててすっかり忘れてたよ。


ここ、ガーナだったんだよな・・・。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-12-09 23:59 | ガーナ1112