青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその268

昨日、Hoから8時間かけて満身創痍で任地Juabenまで舞い戻ってきたわけですが、

我が家で済ますべき用事は昨日のうちに全て済ませておいたので、

今日は早朝7時より首都Accraにとんぼ返りすべく家を出たのです。


しかし、今日は何かがおかしい。


家の前の名も無きバス停でトロを拾おうと思い、

来るトロ来るトロ全てに合図を送っても、1時間待っても全く止まってくれる気配がゼロ。


確かにこれまでにも愛想尽かされることは少なくなかったですよ。

ただ、これほどまでに悉くフラれるのは初めてです。

ていうかありえないです。



このままではラチが明かないので、逆方向のトロに乗り、隣町Effiduaseへ向かうことを決意。

ちょっと時間とお金は余計にかかるけど、

この街から始発で出るトロに乗る方法を選択することにしたわけです。


そしたらいつもは何の労力も要せずに拾える逆方向ですら、全く捕まらず。

違和感というか嫌な予感は募るばかりです。


それでも何とかトロを一台とっ捕まえて、Effiduaseのステーションに到着したまでは良かったものの、

Kumasi行きのトロ乗り場にはありえないくらいの長蛇の列。


こんなのにまともに並んでたら日が暮れてもKumasiに着かないよ・・・

ということで、再び任地までタクシーで逆戻り。


任地のステーションで流しのトロを探してたら、途中のEjisuの街までは行くトロに遭遇。

乗り換えは必須だけど、ここはちょっとでも目的地に近づいておいた方が得策と判断し、

意を決して乗り込むことに。



そしてやっとのことでEjisuに到着。
b0207724_18135839.jpg

普段ならものの20分で着く、なんでもない街なんですけどね・・・。


ここからKumasi行きのトロを拾うには、

“自己チューの極み”ガーニアンが集う戦場をくぐり抜けなければなりません。


日本で培った、「一列になって待つ」というポリシーを根底からかなぐり捨て去らなければ、

この街で一生トロに乗ることは出来ません。


そうして命からがら乗り込んだトロが、

またしても途中までしか行かないことに気づいたのは、運悪く乗車してからのことでした。


だけどこの際、細切れでもいいから目的地方面に向かわないと、

ホントに予想もしないことが起こりそう。


それほど、今日は街全体が異常な空気に満ち満ちているんですもん・・・。



そしてトロを降ろされたのが、

「Kwame Nkrumah University of Science and Technology」 のステーション。
b0207724_18553555.jpg


すなわち「クワメ・エンクルマ工科大学」、通称「KNUST」です。
b0207724_1853244.jpg


せっかくの機会なので、急ぐ道中とはいえ、ちょっとだけ寄っていくことにしました。


ガーナ初代大統領の名前を冠しているだけあって、国内でも屈指の名門大学。
b0207724_18542345.jpg


ただ、それでも所詮はガーナですね。

留学生とかインテリ学生で溢れているはずなのに、しかも普通に歩いていただけなのに、

一番最初に会った学生に、すれ違いざま

「ハハハ、チャイニーズ、ハハハ!」で指をさされながら爆笑されました。


これが“民度”なわけですね。

わかります。




とりあえず足を踏み入れての第一印象は、とにかく広い。

どこに教室や建物があるの? 木と森しかないよ? という感じ。
b0207724_1925794.jpg



普通に構内をタクシーが走り回ってますもんね。
b0207724_1935711.jpg

だから自動車がなければ移動が困難なほどの広さなんでしょうね。


小鳥のさえずりが絶え間なく聞こえる小道を20分ほど歩いて、ようやく建物を発見。
b0207724_1945297.jpg

これ、ジムなんですって。
b0207724_196932.jpg



その後、公式の競技会にも使えそうな立派なグラウンドや、
b0207724_197471.jpg

春の桜のごとく雄大かつ華麗に咲き誇る謎の木、
b0207724_1917255.jpg

やたら無愛想なオバちゃんが店を構えていた購買部、
b0207724_1918277.jpg

ニワトリの巨像、
b0207724_19192577.jpg

キレイに刈られた芝生広場と図書館、
b0207724_19202533.jpg

と、その入口、
b0207724_19275356.jpg

生徒用のホテル、
b0207724_1921312.jpg

ボロボロの大学ミュージアム、
b0207724_1922419.jpg

よく見ると漢字が見える謎の塔型モニュメント、
b0207724_19242127.jpg

入ろうと思ったら入口で「チャイニーズ」と呼ばれたので丁重にブチ切れして断念したICTセンター、
b0207724_19254138.jpg


などを駆け足で見学。


まあ、いずれも時間の関係で前を通過しただけなんですけど・・・。



そして生徒用のドミトリーにたどり着いたところで、ひとつの事実に気づきました。
b0207724_19264696.jpg

大きな荷物が、十重二十重・・・?


そうだ、たしか昨日で学校は終わりのはず。

だから学生がまとまって帰省してるんだ。

だから朝から交通機関がマヒしてるんだ。


そんなら、こんなところで油を売ってる暇はないぞ。

一刻も早く長距離バスステーションに行かないと、本当に取り返しのつかないことになるかも・・・。


しかし、出口への行き方が分かんない。

そもそも自分がどこにいるのか、どっちに向かえば何があるのかすら不明だし・・・。


とりあえずタクシーを捕まえて大学中央にあるステーションに移動し、

そこからトロで正門へ。


学校内でタクシーとトロトロを乗り継がないと正門にすらたどり着かないなんて、

どんだけ巨大な大学やねん・・・。




こうして大学前のステーションに戻ったら、

またしても一発で目的地まで行けるトロは無い模様。


だったらもう、ここはKumasi市内だ。

逡巡しててもしょうがない、歩こう! 


・・・ということで炎天下の昼下がり、

排気ガスと大量のガーニアンがうごめくKumasi市内をとぼとぼ歩くこと1時間。


時計の針が2時を指し、完全に足が棒になったところで、

ようやく目的地である長距離バスステーションに到着。


ここまで家を出てから実に7時間が経過。

普段なら1時間足らずで来れる道のりなのに・・・。


そして案の定、この長距離バスステーションはAccraに帰ると思しき帰省客でごった返していました。
b0207724_19575344.jpg


まあでも、Kumasi→Accraは主要路線で本数も多いし、さすがにここは時間かかんないでしょう



・・・と、タカを括っていたのが大間違いでしたね。


バスに乗れたのが、日も地平線の向こうに沈みかけている夜6時。

実に4時間ものウェイティング・タイムですよ。

しかもその間、ずっとスタンディングですよ。


当然ながら、Accraに戻ってきた時には日付が変わっていました。

ああもう、次回から絶対帰省する日、調整しよ。



さっさとAccraに帰ってオイシイもの食べよう!と思って、

朝早くに家出て、道中も水分以外はなるべく摂らないようにして、

何食べようかシミュレーションというか妄想していたにもかかわらず、

けっきょく一日で口にしたのは長距離バスが発車する直前に買った、

いつものシチュー&ライスのテイクアウェイだけですよ・・・。
b0207724_19592088.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2011-12-22 23:59 | ガーナ1112