「ほっ」と。キャンペーン


青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

フィンランドその2 犬ぞり~サーリセルカ探訪~オーロラハンティング

この時期、北極圏よりはるか北のここサーリセルカは、

日の出が11時、日没が1時と、1日の日照時間がわずか2時間足らずしかありません。


それならば、夜オーロラがダメなら朝オーロラしかないということで、

ちょいと早起きして街を散歩することに。
b0207724_1655956.jpg

どうやらスキー場が近くにあるようですね。
b0207724_178311.jpg

このスキー場からの灯りがやたら明るいせいで、

どうやら町中からオーロラは見えそうにないようです。
b0207724_16593880.jpg

ちなみにフィンランドのランナバウトはこんな感じ。
b0207724_16575295.jpg

おや、なんかインディアンの集会所みたいな場所を見つけました。
b0207724_1705245.jpg

温度計の数値がありえない数字を示してますね・・・。
b0207724_172596.jpg


というわけでこの寒さだと、屋外にいられるのはせいぜい10分で限界ということで、

この朝のオーロラハンティングも早々に引き上げて、

ホテルに戻ってご飯を食べて、二度寝することに。


ちなみにフィンランドといえば別名「湖と森の国」ということで、

いちばん美味しかった朝食のメニューが、やっぱりサーモンとベリー類。
b0207724_1749470.jpg

こっちの人は、何にでもこのベリーソースをかけるそうですよ。

確かに甘味よりも酸味が強くて、

パンにジャムとして塗ったりするのはちょっと向いてないかな、と思った一品でした。




さて、空が白々と明けてきた午前11時前。

せっかくフィンランドくんだりまで来たということで、犬ぞりツアーに出かけることに。


参加者は、まさかの全員日本人。

たぶんこの時期、ここサーリセルカの町はフィンランド人より日本人のほうが多いんじゃないでしょうか。

この神秘的な景色以外は、風情もへったくれもありませんね。


ちなみに私はひとりで参加したので、

3人組グループで溢れた女の子と一緒にペアを組むことになりました。
b0207724_21235823.jpg


インストラクターの方から簡単なレクチャーを受けて、
b0207724_21281769.jpg

ワンちゃんたちとのファーストコンタクトを済ませて、
b0207724_813388.jpg

心の準備をする間もなく、さっそくスタートです。
b0207724_8135087.jpg


動画で見ると、こんな感じ。



ワンちゃんたちもパワフルで、意外と速くて乗ってるだけでも怖いんです。



中にはソリから振り落とされた参加者もいたんだとか。


ちなみにこの動画はソリに乗りながら撮っているわけですが、ものの5分の動画で限界です。

だって、まるで冷凍庫の中を薄着で疾走しているかのようですから。

手袋を二重にしていたとても、屋外に出していられるのは5分が限界ということです。


時間にすると15分ぐらい、距離にすると1kmぐらい走ったところで、

漕ぎ役と乗り役を交代して、再び来た道を引き返します。
b0207724_1710711.jpg

帰りはワンちゃんたちも疲れちゃったのか、ちょっぴりスピードは落ちちゃった気がします。


まあでも、我々の組は特にこれといったアクシデントもなく、

無事に帰ってくることができました。
b0207724_17222658.jpg

それもこれも、頑張ってくれたこの子たちのおかげですね!




さて、犬ぞりツアー後は再びサーリセルカの町に戻り、

まだ日は出ているということで、ちょっと町内をぶらぶらしてみることにしました。
b0207724_17251396.jpg

よく見るとホテルの看板に日本語が書かれています。
b0207724_17271815.jpg

大きなショッピングセンターもあり、しかもこちらでは日本人の方が働いていらっしゃっていて、

何不自由なく日本語で買い物が出来たりもするんですね。


なんか、こんな雪深いところまで来て日本語で世間話なんかが出来ると、

さながら北海道のコンビニに立ち寄ったみたいな気分になりました。


そこで私が調達したのが、まずこちらでビールといえばこのクマのビールということらしいので、

それを一本と、あとおつまみに隣で売ってた、なにやら怪しげなチップス。
b0207724_17293659.jpg

Reindeer chipsって・・・

レインディアって、確か「トナカイ」でしょ?


わーわー、サンタクロースのお友達も食べちゃうんだ。

しかもスナック感覚で。


ちなみにこれ、プロ野球チップスぐらいの大きさの袋なんですが、

お値段は5ユーロ(約750円)もします。




すっかり買い物に夢中になってから外に出たら、もう日が暮れはじめていました。
b0207724_1737535.jpg

まだ昼の2時過ぎなんですけどね。


ちょいと小腹が空いたので、道中で見つけた小洒落たホテルのレストランへ。

やはりメニューも日本語で書かれているのがありました。
b0207724_17383395.jpg

で、私が注文したのが、やっぱりこのメニューのいちばん上に書かれている看板メニュー、

「となかいバーガー」です!
b0207724_17401136.jpg


味は・・・まあ、無難に美味しいです。

ただ、どこがトナカイなのかいまいち分かりませんでした。

あのハンバーグがまるまるトナカイってことは無かったと思うのですが・・・。




その後自分のホテルに戻り、長い夜に備えて仮眠。


そして午後9時、この日のオーロラハンティングツアーに向けて出発・・・

のはずだったのですが、ツアー参加者が遅刻ということで、20分ほど出発が遅れました。


この遅刻が、まさかあんな奇跡に繋がるとは、この時は思いもしなかったのでありました。



バスを走らせることわずか5分。

運転手さんの大声がバスの中に響き渡りました。


「オーロラが出ているぞ!」


窓の外を見れば、漆黒の闇に、くっきりはっきりとした緑の線。
b0207724_7414738.jpg

しかも運のいいことに、ちょうどパーキングエリアのようなバスを停められるスペースが真横に。


全員慌ててバスを降り、オーロラが出ている方向に向かってダッシュ!
b0207724_17522100.jpg

実は私、本当にオーロラが見れるとは思ってなかった、

いや心のどこかでは思ってたからこそこのツアーに参加したのですが、

なんせ疑っていたということで、しょぼいカメラしか持っていかなかったですし、

三脚も持っていきませんでした。


だもんでブレブレの写真しかないのがちょっと、いやかなり残念です。

でも心のアルバムにはしっかりと収めておきましたから。
b0207724_75923.jpg

b0207724_80348.jpg

b0207724_804227.jpg

b0207724_815915.jpg

b0207724_823890.jpg

b0207724_843772.jpg

b0207724_852861.jpg

b0207724_863020.jpg

b0207724_865559.jpg

b0207724_87556.jpg

b0207724_885669.jpg


もうね、バスの運転手さんもしきりに

「1年に1回あるかないかぐらいの奇跡」って激しく興奮するぐらい、

波状のとか、カーテン状のとか、よくある緑のから、珍しい黄色のまで、

バラエティに富んだ満天に輝くオーロラを見ることができました。


いやー、本田圭祐並みに持ってるわ~、俺。


もうね、感動以外に言葉が無いですよ。

生で見られたぶん、そんじょそこらで市販されてるオーロラ特集のDVDなんかより

数段スゴかったと思いますもん。



あの空の下でK子にプロポーズしたら、間違いなくOKもらったんだろうなぁ・・・。

まあでも、今回はあくまでリハーサルですからね!


本番はもっとスゴいのが見られる・・・自信は正直ないかも。


(つづく)
[PR]
by ito_akihiro | 2014-01-11 23:59 | フィンランド