青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

カテゴリ:ガーナ1109( 30 )

ガーナその185

生物の授業中、

あまりにちんぷんかんぷんすぎてウトウトし始める図。
b0207724_1943285.jpg


Hるちゃんの日記をパクって、もとい、インスパイアしてみました。
http://ameblo.jp/sunnyponen/entry-11039444612.html


そんなわけで、授業交流会2日目は同期のS岡隊員の配属先である

「T.I.Ahmadiyya Senior High School」へと舞台を移して開催されました。
b0207724_1956142.jpg

b0207724_2053298.jpg

b0207724_2073250.jpg

b0207724_2094349.jpg

b0207724_20333439.jpg

b0207724_20352665.jpg

b0207724_20373625.jpg

b0207724_21373044.jpg

b0207724_2143582.jpg


1時間目はIハカセの「電気回路」と、
b0207724_22151382.jpg

YK内隊員の「連立方程式」。
b0207724_2226179.jpg


そして2時間目はT岡隊員の「自由落下運動」と、
b0207724_22302317.jpg

M元隊員の「ボイル・シャルルの法則」。
b0207724_2232348.jpg



正直、文系人間ひとすじ31年の私としては、

かろうじて連立方程式が分かるくらいで、あとは見事なまでにサッパリでした。


それにしても、上記の4名は全員理数科教師なわけですが、

難しい内容をいともカンタンに扱う知識もさることながら、

アクティビティや分かりやすい教材を取り入れながら、

その“難解さ”をいかに生徒達に楽しみながら伝えられるかというテクニックに脱帽ですよ。


例えばIハカセの、手回し発電機。
b0207724_22471051.jpg

こんなオモチャみたいな装置を触れるとあらば、そりゃあ生徒の食いつきもハンパ無いですよね。
b0207724_22511771.jpg

b0207724_2252141.jpg

フレミング左手の法則の説明に使われてるのは、何の変哲もないゴム手袋ですよ。
b0207724_22541512.jpg


T岡隊員の授業では、ちょっと野球のボールを落とすだけで、
b0207724_2301847.jpg

b0207724_2363134.jpg

こんな表情ですよ。
b0207724_23104937.jpg

b0207724_23132546.jpg

それにしても、最後の写真は奇跡の一枚だなぁ・・・。

おいらも生徒にこんな顔させてみたいわぁ・・・。


M元隊員の授業でも、ピンポン玉ひとつで生徒達は大盛り上がり。



本当に、授業を分かりやすくするのにおいて、何も特別なモノは必要ないんだと感じました。

それに気づけただけでも、他の隊員の授業を見れてホントに良かったです。



JOCVの授業後は、現地教員の授業を見学。
b0207724_23184723.jpg

しかし生物の授業でその内容が「細胞分裂」ということで、

まったく付いていけず、冒頭の写真に戻るわけです。

でも仲間も発見。
b0207724_1512746.jpg

だよね、眠かったよね。あれはしょうがないよね、Y尾隊員。



そして昨日と同様、現地の教員も交えて反省会&意見交流会を開催し、
b0207724_1562597.jpg

最後に報告書を書いて、これにて今回の「授業交流会」は終了です。
b0207724_2112184.jpg


みんなで仲良く給食のワチェを食べ、
b0207724_21193.jpg

ワケあって横にならざるを得ない方もいらっしゃいましたが、
b0207724_262838.jpg

2日間お世話になったDompoase&Fomenaの街を後にし、

そのままスクールバスでKumasiへと向かいました。
b0207724_2162272.jpg



道中様々なトラブルに見舞われながらも、Kumasiまでは小一時間のドライブ。
b0207724_2195229.jpg

そしてKumasiの街で再び小一時間ほど時間を潰した後、打ち上げの会場へ。
b0207724_22877.jpg


打ち上げの模様は割愛させて頂きますが、とにかく楽しい時間を過ごすことができました。
b0207724_2425134.jpg

b0207724_2475162.jpg

b0207724_342026.jpg


途中からは正義のヒーロー、スターマンも現れましたしね。



ガーナの未来はキミの活躍にかかっている!

がんばれ、スターマン! 負けるな、スターマン!!
[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-30 23:59 | ガーナ1109

ガーナその184

朝はちょいと早起きして、Dompoaseの市街をお散歩。
b0207724_17511844.jpg

まあ、実にのどかな田舎街ですこと。
b0207724_17551399.jpg



「授業交流会」初日の今日は、

色々な小学校を回って活動するH多隊員の巡回先のひとつである、

D/A primary schoolがその舞台です。
b0207724_20294910.jpg

b0207724_20334327.jpg



学校に到着するなり、Head Mistressにご挨拶。

H多隊員いわく、普段と態度がぜんぜん違うんですって。
b0207724_20375716.jpg


うわー、ソレ分かるわぁ・・・。

ウチも以前に調整員の訪問があったとき、マイケルの“よそ行き”っぷりったらなかったもん。



まずは現地のガーナ人教師の授業から見学させて頂くことに。

テーマは「Factors of Numbers(数の要素)」ということで、

どうやら素数の理解に繋げたいみたい。
b0207724_20424775.jpg


その学習には、どこにでもある瓶の王冠を使用。
b0207724_20412727.jpg


例えば「16」なら王冠を4×4の四角形に並べるか、

もしくは2×8、1×16に並べれば、16個の王冠が並ぶよね、

だから16の要素は「1,2,4,8,16」なんだよ、といった感じ。
b0207724_20464879.jpg


こういうアクティビティを取り入れて子供たちに楽しみながら学んでもらおうってのは、

小学校の先生ならではですね。


私のイメージでは、私の高校のような、教科書主体で、先生が一方的に喋ってオシマイ、

なんて固定観念というか懸念があったんですけど、なんか安心しました。


・・・でもね、子供たちは王冠で「枠」を作っちゃうんですよね。
b0207724_2051439.jpg


いや、授業のアイデアはすんごくいいと思うんですよ。

でも、演繹的に「意図」を伝えるのって、難しいよね・・・。



続いて我らがJOCVのトップバッターは、みんなのアイドルM野先生。

「みんながいるガーナはどこかな?」
b0207724_2110819.jpg


まずはアイスブレイクで披露したのが、「おーちたおちた」。
b0207724_21115042.jpg


リンゴだったら、手で受け止める。

カミナリだったら、おへそを隠す。

ゲンコツだったら、頭を守る。
b0207724_216227.jpg

b0207724_2133121.jpg


あれですね、「マジカルドロップ」でしたっけ。

あ、伝わんなきゃいいです・・・。


最初は緊張気味だった子供たちも、徐々にノリ出してきて、

笑顔が垣間見られるようになってきました。
b0207724_043460.jpg


さっすが、小学校教諭隊員ですね。


授業の内容は、繰り上がりのある一桁の足し算。

正直、最初は小4で?と思ったのですが、意外と出来ない子は多いんですよね。
b0207724_083182.jpg


例えば6+7なら、10を作るためには6には4を足せばいいから、

7から4を借りてきて、そしたら残るのは3だよね、だから10+3で13なんだよ

・・・というプロセスを、分かりやすく色分けされた10個の丸を用いて説明。
b0207724_016533.jpg


そうだよね、指は10本しか無いんだから、ちゃんとプロセスを教えなきゃね。

子供たちにも実際に触らせたりして。
b0207724_0135923.jpg


ひと通り学んだところで、すぐにフラッシュカードを用いた練習。

「4に何を足すと10になるかな?」
b0207724_045331.jpg


飲み込みの早い子は、面白いように答えてましたね。

逆にちょっとつまづいちゃった子は、待ってあげたりもするHるちゃん先生の優しさ。
b0207724_0464920.jpg


これ、意外とガーナの先生って出来ないんですよね。

ちょっと詰まると急かしたり、言葉を継ぐよう求めたりする。


どこぞのカウンターパートなんかもそうです。

私が言いたいことを日本語から英語にトランスレートしている

ほんの数秒すら待てずに、「さっさと言えよ」ってすぐに急かしてくる。


ああ、やだやだ。



授業はさらにチーム対抗のゲームへと展開。
b0207724_175827.jpg

b0207724_151331.jpg


もうね、準備してる教材の量とクオリティが本当に素晴らしいですね。

子供たちを飽きさせない工夫と、緩急と、テンポと、スピードと、タイミングがバッチリ。
b0207724_19322.jpg


おみそれしました。




二番手の理科の授業に登場するのは、

「チンチョンチャンなんて呼んだら感電させるぞ!」と息巻くY本先生。
b0207724_1205348.jpg


しかし、私は見逃しませんでしたよ。

本番前、やたら緊張してたのを。
b0207724_1173459.jpg


でも、授業が始まればさすが現役教師ですね。

あっという間に子供たちのハートを鷲掴みにしちゃいました。
b0207724_115129.jpg


名前の書いてある黒板を見せないために、わざと子供たちを外に連れ出して、

「私の名前は何だったかな?」「Kofi Jun Japan!」
b0207724_1401350.jpg


こういう、生徒の注目を“惹きつける”導入の仕方、見習いたいものです。


授業の内容は、「Properties of Electricity(電気の性質)」ということで、

電磁石を観察したり、
b0207724_1662714.jpg

電気回路を作ったり。
b0207724_1691619.jpg


これ、スゴいのが全て手作りなんですよね。

電池ケースは輪切りにしたペットボトル、

電球は懐中電灯から、銅線は延長コードからそれぞれ引っこ抜いた、

全てAvailable in Ghanaの品々。
b0207724_16114839.jpg


モノは無くても、産み出せばいい。

遠く離れた異国の地でも、地場産業は生きてますね。


そりゃあ、子供たちの食いつきもハンパないですよね・・・。
b0207724_16132167.jpg

いいなあ、理科の先生は楽しそうで・・・。

コンピュータの先生なんて実験のしようが無いもんなぁ・・・。


ああ、パソコン手作りすりゃいっか。

いや、出来ないって・・・orz




その後もY本先生の授業は笑いと歓声に包まれながら、

大盛り上がりで進行していきました。

いい写真がいっぱい撮れたので、ちょっと多めに紹介しておきましょう。
b0207724_172786.jpg

b0207724_16213568.jpg

b0207724_1744762.jpg

b0207724_16483930.jpg

b0207724_16231656.jpg

b0207724_16242923.jpg

b0207724_16255243.jpg

b0207724_16495062.jpg

b0207724_16354455.jpg

b0207724_16372583.jpg

b0207724_16383981.jpg

b0207724_16392358.jpg

b0207724_1640735.jpg



こういう写真を見て、青年海外協力隊に憧れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ピンと来たそこのアナタ、JICAでは現在平成23年度秋募集の受付中です。



授業が終われば、せっかく仲良くなった子供たちともお別れです。
b0207724_16451741.jpg

b0207724_1715147.jpg

名残惜しいのはやまやまですけど、こればかりはしょうがないですよね。


いやあ、それにしてもホントに来てよかったですよ。

何よりモチベーションが上がったもん。

おいらも、こんなステキな授業やんなきゃね、って。




その後、S岡隊員の配属先であるT.I.Amhadiyya Senior High Schoolへと移動。
b0207724_17194962.jpg

b0207724_17221854.jpg


まずは、相変わらずホームステイを続けている彼のHost Familyのお宅訪問。
b0207724_1731983.jpg

b0207724_1733960.jpg


それから理科室に移動し、現地の先生も交えて小学校での授業の反省会。
b0207724_17364631.jpg

b0207724_17381877.jpg


さらにDompoaseの街に戻り、昼食タイム。
b0207724_17402344.jpg

b0207724_17435654.jpg


その後、みんなでGES(Ghana Education Service:ガーナの教育省)へ徒歩で移動。
b0207724_17595297.jpg

b0207724_1841746.jpg


スタッフの皆さんにご挨拶し、最後に参加者全員で記念撮影。
b0207724_18124395.jpg

b0207724_18142583.jpg


再び歩いて大通りまで戻り、タクシーでスポットへと移動。
b0207724_1824214.jpg

b0207724_18335888.jpg

b0207724_1830205.jpg


ここでは「ブレーンストーミング」ということで、現在個人が配属先で抱えている

活動の問題点を挙げ、みんなで共有・相談し、解決に繋げようという試みが行われました。
b0207724_1839155.jpg

b0207724_1851488.jpg


しかし、活動の問題点を出し合うはずなのに、なぜか途中から愚痴の言い合いに。

「女子がボーズ」なんて、活動の問題点でも何でもないでしょうに・・・。
b0207724_18545524.jpg

まあでも、非常に楽しかったですし、他の隊員が思っていることを知れたので、

良い時間を過ごすことが出来たと思います。


夜になり、みんなで仲良く夕食タイム。
b0207724_18584945.jpg

b0207724_1916508.jpg


そしてホテルに戻ったのですが、またしても裏で謎のミサが行われているらしく、

今日も眠れぬ夜は続いたのでありました・・・。
b0207724_19124937.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-29 23:59 | ガーナ1109

ガーナその183

明日・明後日の2日間、私が所属する理数科分科会で

「授業交流会」なるイベントが開催されることになっています。


この授業交流会ってのは、理数科教師や小学校教諭などの先生隊員が、

他の隊員の配属先で授業をして交流を深めようという、いわば隊員の出張サービスです。


そのコンセプトには、隊員のスキルアップ、ガーナ人教員に向けた授業や教材の紹介、

ガーナ人教員による授業の見学、など様々あるようですが、

私が当イベントに参加するに至った最大の理由は、

「自分の任地以外の所に行けるから」だったりします。


それは、決して旅行気分というニュアンスではなく、

活動先が自分の学校だけだと、どうしても視野が狭くなっちゃうわけじゃないですか。


しかも今回は初めて本国の小学校を訪問できるということで、

自分の学校(高校)の生徒たちがどのような教育環境を経てきたのかが分かるわけです。


そういったイミでも、今後の協力隊活動に生かせると思い、

今回のイベントに参加できる日を待ち焦がれていたわけです。



なのに、移動日の今日は、朝起きたら雨。
b0207724_2275996.jpg

誰だ、雨男(女)は!


ちなみに今回の開催地は、私の半年先輩にあたるH多隊員の任地Dompoase(ドンポアセ)と、

その隣町で私の同期・S岡隊員の任地Fomena(フォメナ)の2箇所。


どちらも私の任地と同じAshanti州に属する街ですが、

Ashanti州の中ではどちらかといえば南寄り(ウチは北東寄り)にあるので、

我が家からはなんやかんやで3時間弱を要しました。


まずはDompoaseの街中で下車。

着いた頃には、すっかり空模様も回復していました。
b0207724_2302115.jpg



それにしても最近、新しい土地に行くドキドキ感が薄れてきたような気がするんですよね。

この国に来た当初は、トロトロに乗るだけで緊張してたはずなのに・・・。


長旅の疲れを癒すために、メインストリート近くのスポットで軽く小休憩。
b0207724_2341876.jpg


その後、別のスポットに移動して、真面目に明日・明後日の打ち合わせ。
b0207724_2364544.jpg


・・・と思いきや、あっという間に再び宴会モード。
b0207724_2401332.jpg

ひと仕事終えた後の一杯は格別ですよね、Hるちゃん?


ほどなく夜になり、ご飯を食べてたら、
b0207724_2173352.jpg


ウザさMaxのビッグマダムに絡まれる。
b0207724_2110468.jpg


見てよこの迷惑の極みといったような顔。
b0207724_21123257.jpg


F島隊員、スマイル!スマーイル!
b0207724_21141058.jpg


俺、この国に来てまだ「デリカシー」ってのを感じたことが無いよ。


そんなこんなで、この日は終了。





そして今日泊まるゲストハウスに移動。
b0207724_2118136.jpg


すると、すぐ裏手にある教会で謎のミサが行われているらしく、

真夜中なのに近所迷惑も顧みずどんちゃん騒ぎしてやがんの。


俺、この国に来てまだ「遠慮」ってのを感じたことが無いよ。

まあ、これから先も感じることは無いんだろうけどさぁ・・・。



こうして、眠れぬ夜は更けていくのでありました。
b0207724_21204057.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-28 23:59 | ガーナ1109

ガーナその182

またしても昨日の話なんですが、

昨日はずっとオフィスで事務的な書類と格闘していました。
b0207724_22164186.jpg


例のマラリア関連ですね。

病気になると、報告書一枚ってだけでどえりゃー大変なことになってまうもんだで、

気ぃつけなかん。


なぜか岐阜弁も出てまったわ。




で、今日。

長いことお世話になったドミの療養室にサヨナラを告げて、
b0207724_2221539.jpg

ひっさしぶりに任地に帰還しました。
b0207724_350552.jpg


1週間ぶりに帰る我が家の扉を開けるなり、鼻をつくような異臭。



どうやらニオイの元は、冷蔵庫の模様。


ああ、停電だ・・・。

いつから止まってたのかは定かじゃないけど、

きっとそれなりに長いこと電気が通ってなかったんだろうね・・・。


うわー、非常にめんどくさいことになった予感。




ああでも、なんか任地に帰ってきた気がするなぁ・・・。


とりあえず、長いこと家を空けるときは、冷蔵庫はカラッポにしておこう。


またしてもガーナの格言がひとつ増えました。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-27 23:59 | ガーナ1109

ガーナその181

昨日の続き。


実はアクラマラソンが開催された昨日9月25日にはもう一つ大きなイベントがあり、

それが「平成21年度2次隊の帰国」です。


というわけで、マラソン激走の疲れも癒えぬうちに、

昼過ぎよりドミで壮行会という名のもとにFarewell Partyが開催されました。
b0207724_20142273.jpg

b0207724_20183031.jpg

b0207724_20222768.jpg

カリーアンドライスですよ!
b0207724_20475757.jpg

ハート型のプディングですよ!!
b0207724_20534614.jpg

キレイにカットされたパイナポーですよ!!!
b0207724_2057299.jpg


今日でガーナを去る隊員は7名。

彼らとは、ちょうど半年間いっしょにガーナで生活していたことになります。


私がガーナに来て、右も左も分からないうちからお世話になっていた皆さん。

本当にありがとうございました。

そして、お疲れさまでした。

日本での益々のご活躍を、遠く離れたガーナよりお祈り申し上げます。



パーティーもお開きになり、一旦チェックインのため、空港に向かう彼らとお別れ。
b0207724_21101883.jpg

b0207724_21192056.jpg


そしてマラソン完走組は、揃いも揃ってご臨終。
b0207724_21222141.jpg

b0207724_21474580.jpg


ほどなく夜になり、もう一度お別れ。
b0207724_21244428.jpg

b0207724_21275210.jpg

空港に向かうタクシーを送り出して、これが本当に最後のお別れとなりました。
b0207724_21311222.jpg


なんか、まったく実感が湧かないんですよね。

今日まで当たり前のように一緒に生活していた隊員が、

明日からはもうこの国にすら居ないなんて・・・。






でも、明日はもう新しい隊員が来るんだよね。

出会いがあれば、別れがあり、また新しい出会いもあるんです。

エシャジョウリ、でしたっけ。


ガーナ隊は、新隊員の皆さんの到着を心より歓迎いたします。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-26 23:59 | ガーナ1109

ガーナその180

今日は年に一度の「アクラマラソン」の日。


どのくらいのバリューのある大会なのかは定かではありませんが、

首都名+「マラソン」ということで、

東京国際マラソンぐらいの地位と名誉と規模はあるのではないでしょうか。


だから猫ひろしが出場しててもおかしくない、はずです。


私たち日本人ボランティアが大挙して参加してるくらいですから、

ある意味国際色は豊かなはずですよ。


いちおう正式名称は「Accra “International” Marathon」ってことみたいですし。
b0207724_5385100.jpg




私も普段なまった身体をほぐせる良い機会だとは思ったのですが、

いかんせんマラリア明けということもあるし、

そもそも脚が不自由でまともに走れないので、無理せず応援に徹することに。


早朝スタートということで、朝は5時半にドミを出発。
b0207724_5394276.jpg

b0207724_5412567.jpg


今回、我々ガーナ隊がエントリーした距離は「10㎞」と「ハーフ(約21㎞)」の2種類。

さすがにフルを走る猛者はいなかったようですね。


とりあえず、私は10㎞組のスタート地点へ行くことに。
b0207724_5422474.jpg


・・・が、最初に乗ったタクシーの運ちゃんが信じられないくらいポンコツで、

目的地は知らないで走るわ、止まれと言ってんのに止まらないわ、

もうね、活字にするのが困難なくらい不条理で意味不明な言動のオンパレード。
b0207724_5431542.jpg



さっさと見切りをつけて次に乗った運ちゃんも、負けず劣らずのダメドライバーで、
b0207724_5452021.jpg

なんかフラフラとゴール地点に向かってるなと思ったら、
b0207724_5461688.jpg

・・・ゴールしちゃいました。


まだスタートすらしてないのに!

せっかくの感動の瞬間をこんな形で数時間前に味わうなんて!


まあでも、ここのスタッフにスタート地点を聞いて、

ちゃんとそこまで無事に移動できたのがせめてもの救いでしたけどね・・・。



スタート地点まで向かう道中、車内は

「この辺はタクシーいっぱい走ってんね」とか、

「ここにトロトロのステーションがあるね」とか、

口を開けばそんなネガティブな会話ばかり。


・・・いやまあ、確かに急病とかリタイアせざるを得なくなった時には大事なことですよね。



ちなみに、こちらが10㎞の部にエントリーした4名です。

 ▼左から今日で帰国のN宮隊員、W田隊員、新人のN瀬隊員と、
b0207724_5482163.jpg

 ▼S田隊員です
b0207724_5491252.jpg



6時35分スタートのはずが、7時過ぎても一向に始まる気配が無し。

まあでも、それも想定通りですよ。

 ▼作戦会議中?
b0207724_5505380.jpg



だけど程無くして、ついに戦いの火蓋は切って落とされました。

行ってらっしゃい! みんな頑張ってね!






それでは以下は、他の隊員より頂いた写真をちょっと多めにご紹介いたします。

日本の皆さん、初秋の風薫るAccraの街を感じてください。


 ▼ハーフマラソン出場者全員集合! その①
b0207724_61314.jpg

 ▼ハーフマラソン出場者全員集合! その②
b0207724_6102832.jpg

 ▼スタート前で皆さん緊張の面持ち?
b0207724_615482.jpg

 ▼・・・と思えば、国旗を頭に挿して遊んでたりも
b0207724_6161525.jpg

 ▼格好(だけ)は一丁前のY本隊員
b0207724_6234361.jpg

 ▼スタート直前、高鳴る緊張感
b0207724_1447576.jpg

 ▼いよいよハーフマラソンのスタートです!
b0207724_6251188.jpg

 ▼スタート直後でまだまだ余裕な皆さん
b0207724_626286.jpg

 ▼しばらくは朝日を背に受けながら、
b0207724_628444.jpg

 ▼潮風漂う海沿いをひたすら走ります
b0207724_629553.jpg

 ▼やたら元気なAッキーナことM隊員
b0207724_6303612.jpg

 ▼こちらはちょっぴり辛そうなK務隊員
b0207724_6335867.jpg

 ▼大海原が似合うM家隊員
b0207724_635834.jpg

 ▼ちっちゃな子供と並走する新人のF島隊員
b0207724_6361539.jpg

 ▼聴覚障害の子の手を取りながら走っているT中・元短期ボランティア
b0207724_6384044.jpg

 ▼かなりお疲れのようですけど、まだまだ先は長いですよ、Y本隊員とK脇隊員
b0207724_641397.jpg

 ▼隊員給水ポイント一番乗り? S田隊員とサポーターの皆さん
b0207724_640197.jpg

 ▼ハーフ組のトップ通過は、新人のO津隊員
b0207724_6441690.jpg

 ▼二番手が、私と同期のS岡隊員
b0207724_6455848.jpg

 ▼次いで、M家隊員。その背中には・・・
b0207724_6474328.jpg

 ▼はい、見ません
b0207724_6484677.jpg

 ▼裸で激走! F田隊員
b0207724_6524322.jpg

 ▼まだまだ余裕のありそうなI橋隊員
b0207724_6541248.jpg

 ▼やっぱりキツそう?なK務隊員
b0207724_6583855.jpg

 ▼まだまだ笑顔が見られるM隊員
b0207724_6592127.jpg

 ▼AKBを聞けば元気回復!なUT木隊員とY萩隊員
b0207724_70950.jpg

 ▼なんかもぐもぐしてるYK内隊員
b0207724_71204.jpg

 ▼メガネがキュートなI出隊員
b0207724_715913.jpg

 ▼手を振る余裕があります! I藤隊員
b0207724_13192126.jpg

 ▼もう少しです。頑張ってください! I村隊員
b0207724_1312065.jpg

 ▼もうフラフラなK田隊員
b0207724_13458.jpg

 ▼まだまだ走れます! H野隊員
b0207724_1351457.jpg

 ▼見るからに限界っぽいA木隊員
b0207724_139672.jpg

 ▼最後まであきらめないで! A川隊員
b0207724_13114278.jpg

 ▼スタートからずっと仲良しなY本・K脇隊員(同級生)
b0207724_13205112.jpg

 ▼記念撮影なんかしてないで、ちゃんと走ってくださいよ
b0207724_13223217.jpg

 ▼そしてココナッツで喉を潤すK脇隊員
b0207724_1324256.jpg

 ▼確かに水分補給は大切ですからね
b0207724_1325729.jpg

 ▼ガーナならではの難コース
b0207724_13335015.jpg

 ▼GIFアニメにしてみました
b0207724_13521886.gif

 ▼ゴールまではあと少し!
b0207724_13544261.jpg

 ▼この先がゴールです!
b0207724_13582129.jpg

 ▼A川隊員、ラストスパート
b0207724_1435853.jpg

 ▼次々とゴールする隊員の皆さん
b0207724_14282373.jpg

b0207724_1430479.jpg

b0207724_14305840.jpg

b0207724_14322025.jpg

b0207724_14344264.jpg

b0207724_143644.jpg

b0207724_14372556.jpg

b0207724_1438880.jpg

b0207724_1439212.jpg

b0207724_14394227.jpg

b0207724_13595165.jpg

b0207724_1421532.jpg

b0207724_1461252.jpg

b0207724_1442980.jpg

b0207724_14441552.jpg

b0207724_14431853.jpg

b0207724_14455537.jpg

 ▼そして例の同級生コンビも、仲良く帰還です
b0207724_1451815.jpg

 ▼K脇隊員、ゴールは目と鼻の先です
b0207724_1452398.jpg

 ▼とりあえず、お疲れっした
b0207724_14534692.jpg

 ▼ゴールして晴れやかな表情の皆さん
b0207724_14551623.jpg

b0207724_1456965.jpg

b0207724_14572585.jpg

 ▼さも入賞したかのようにメダルをパクリ ※参加賞です
b0207724_1459950.jpg

 ▼ゴール地点ではココナッツが飲み放題
b0207724_153595.jpg

 ▼アクラマラソン2011イメージキャラクターのN瀬隊員
b0207724_1543339.jpg

 ▼最後に完走した全員+サポーターで記念撮影!
b0207724_157853.jpg


それにしても、リタイアゼロってのがスゴいですよね。

さすが、アフリカの過酷な環境でも生きていける、我らガーナ青年海外協力隊員ですね。




ちなみに私はスタート地点から2kmほど歩き、

残り8kmあたりの地点で全員が通過するまで応援していました。


そして、ゴール手前1kmぐらいの地点でタクシーを降り、

そっから歩いてゴールしたのです。



 ▼アイスをかっ食らってますが、応援するだけだってノドは渇くんですよ!
b0207724_158070.jpg



いやあ、実に爽やかな一日でした。

来年は徒歩でもいいから選手として参加して、このゴールを切りたいですね。

b0207724_15145458.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-25 23:59 | ガーナ1109

ガーナその179

昨日買ったお寿司、さすがに2パックは食べられかったので、

次の日食べようと半分冷蔵庫に入れておいたら、もうダメになっていました。


これが本当の、


時すでにお寿司



うまいっ!




それはさておき、憎きマラリアが完治したにもかかわらず、

身体の気だるさは相変わらず払拭できません。


まあ、ここ4日間ぐらいずっと寝込んでましたからね。

身体がなまっちゃって仕方がないのでしょう。


なので、そろそろ身体を動かすリハビリを始める必要があるのかもしれません。


・・・と言いつつも、今日も日がな一日ゴロゴロして過ごしてしまったのでありました。




ではネタが無い日の応急処置ということで、

こないだのVolta独り旅のオフショットその2をご紹介します。


▼Ave Dakpaの、ココナッツを割ってくれたYK内隊員のご近所さん。
b0207724_557317.jpg

だって、このオバちゃんが「撮ってくれ撮ってくれ」ってウルサかったんだもん。

同期のK林隊員いわく、「大きなココナッツが2つも写ってるね」。



▼Ave Dakpa→Ho間で故障したトロには、サンタさんが乗っていました。
b0207724_5575251.jpg

彼が乗ってきたトロナカイには、夢も希望もありませんでしたけど。



▼AKD隊員のオフィス近くで激写。
b0207724_559696.jpg

これはK錦関・・・ですよね?



▼AKD隊員のオフィスより。
b0207724_5595916.jpg

子供たちのラクガキ(もしくはガチで描いた絵)、カワイイねぇ・・・。



▼Hoからの帰り道。Adukromという山の上にある街にて。
b0207724_60429.jpg

よく見ると、ボンネットを開けてます。オーバーヒートです。

ホントに最近、トロ乗ってトラブルに見舞われなかったことがないくらいですよ・・・。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-24 23:59 | ガーナ1109

ガーナその178

朝。

今日も体調は、別段変わった様子は無し。


すると担当調整員から電話が掛かってきて、

「調子が良いうちにもっかい病院に行っときなさい」との指示。


前回とは異なり、今回は一人で行かなくちゃならないってことで、

お財布の紐はしっかり自分で管理しなきゃんないことに。


でも、財布を開けば、やっぱり心細さは払拭することが出来ませんでした。

しょせん私は無給奉仕のボランティアです。


しかも、銀行の残高もほぼゼロだし・・・。

どうしよう・・・。



実はそんなこともあろうかと、ヘソクリはちゃんと用意してあって、

いつか行く任国外旅行のための積立金ということで、

なけなしの100ドルが財布の底に仕込んであるのです。


エマージェンシーということで、これを使う決意は意外と簡単についたのですが、

旅行用ということでセディではなくドルなんで、

まずはこれを両替しに行かなくちゃならないわけで。


というわけで、朝イチでアクラモールの両替所へ。


現在の両替レートは、100ドルで152セディ。

私が来ガした当初からは、ちょっとだけ「ドル高セディ安」になってますね。



ついでにMTNショップにも寄って行こうと思ったのですが、

こちらのオープンは午前10時からとのこと。

時計を見れば9時半。


というわけで、どこかで時間を潰そうと入ったのが、スーパーマーケット。

特にアテもなくフラフラとしていたら、奇跡の一品を見つけました。

b0207724_520645.jpg

寿司ですよ。
b0207724_521162.jpg

スシですよ。


シースーですよ。


サーモンのように見えるそれは、よく見ると残念ながらニンジンでしたけど、
b0207724_5214547.jpg

謎の液体はやたら鼻のつくワサビ臭がする、やっぱり謎の液体でしたけど、
b0207724_5222733.jpg

たかだか海苔巻きに5セディ(300円)は確かに微妙なお値段でしたけど、
b0207724_523651.jpg

それでも西アフリカくんだりまで来てジャパン名物のスーシー、

あ、シースーが食べられるんですよ。


・・・思わず手が伸びてしまいました。

これから病院に行かなきゃならないのに、無駄に荷物を増やしてしまいましたよ。



スーパーを後にして、病院に着いたのが、10時半。


そっからが長かった・・・。


お医者さんの診察を受けたのが12時半。

採血・採尿の検査を受けて、その結果が出たのが14時半。

その結果をお医者さんに渡して、最終的な結論を聞けたのが16時半。


何このきっちり2時間ずつのインターバルは・・・。


日本の病院も待たされるけど、こっちはその“理由”がなんか違うというか、

よく分かんないというか、不可解というか、不条理というか、不愉快というか・・・。



でも・・・完治なんですって。


意外とアッサリ、治っちゃったんですって。



お医者さんからも「Wonderful improvement」と舌を巻かれるくらいの、

奇跡的な回復スピードだったようです。


それもこれも、素早く対応していただいた調整員の方々と、

ドミで面倒を見て下さった先輩隊員の皆さんのおかげですね。


この場を借りて、岐阜弁でお礼を述べさせて頂きます。

ありと。



いやー、短いようで長かったですよ。

金曜日の夕方から翌週水曜日の朝まで、

ずっと死にかけて元に戻って死にかけて・・・の繰り返しだったですもんね。


ちなみにいちばん「死」を意識したのは火曜日の夜ですかね。

あの夜は、マジで身体が自分の意思で自由に動かなかったですもん。


でも、体調が完全に元通りになるのに1ヶ月ぐらいはかかるらしいから、

しばらくは気を付けないと。



あと怖いのは、もうすぐ休暇から帰って来る健康管理員に怒られることかな・・・。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-23 23:59 | ガーナ1109

ガーナその177

投薬3日目にして、ようやく丸1日平熱という記録を達成。

ついに完治の予感ですかね。



マラリアの潜伏期間は10日から2週間程度。

ってことは、初めて熱を出したのが16日(金)だから、

原虫を貰ったのは、間違いなく首都アクラでということになりますね。


そういえば、そのぴったり2週間前の2日(金)に、

39度近い熱出して病院に行ったよなぁ・・・。


いま思うと、あれも伏線だったのかも。

その後もイマイチ微熱が続いて体調がすぐれなかったから、

あの週は、なんかの病気に掛かりやすい状態にあったのかもしんないね。


ってことで、体調の悪いときこそ、防蚊対策はしっかりとね!




ガーナで活動する協力隊員には、

メフロキンというマラリア予防薬が全隊員に配布されています。


1週間に1回、親指の爪程度の錠剤を飲めば、

ほぼマラリアに罹患する可能性は無くなるという、

熱帯地域で活動する隊員には必要不可欠なはずのアイテムです。


ただ、副作用が強いため、効果は薄いけど副作用も少ないという、

他の予防薬を処方されている隊員もいるみたいです。



もちろん私も、入国時から頂いていました。


では私はなぜマラリアに罹患したのか。


・・・飲んでなかったからに他なりません。


最初は飲んでたんですよ。

で、特に副作用とかも無いから、飲み続けていたことはいたんです。


でもね、ある時10日間ほど家を空けることがあって、

その時たまたまメフロキンを持っていくのを忘れたんですね。


だからその週は飲めなかったのですが、

1回飲み忘れたらなんかどうでもよくなって、そっからどんどん疎遠になっていき、

いつの間にかその存在すら忘れてしまいました。


あと、私なんかが掛かるわけないだろう、という“油断”ね。

おっきな病気もしたことないし、

健康診断でも血圧やコレステロール関係以外引っかかったこと無いですもん。


・・・なんか、典型的な「マラリアに掛かる人」のパターンですよね。


もちろん、これからはちゃんと予防薬は飲みますよ。



飲むものは飲んで、そして、食べたいものを食べよう。


今日は、同郷で同州配属のK務隊員にお手製のカレーを作って頂いたんですよ。
b0207724_35909.jpg

これが、まあ絶品で。

さすが、岐阜県民のツボをわきまえてらっしゃる。



オレ、日本に帰ったらまずココイチ行こう。


ポークカツ+チーズで500gの辛さ普通、タマゴサラダに特製ドレッシング、

これだな。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-22 23:59 | ガーナ1109

ガーナその176

本日9月21日、ここガーナは「Founder's Day」という祝日です。

なんでもガーナの初代大統領、Kwame Nkrumahのお誕生日なんですって。


そんな記念すべきバースデイの朝になっても、相変わらず発熱は続いていました。


これまでは朝に熱出したことは無かったんですけど、起きても39度の高目をキープ。

解熱剤で熱は抑えられているはずなのに・・・。


ちなみにこれが解熱・鎮痛剤のParacetamolです。
b0207724_2221980.jpg


ついでに、いま服用しているのがArtefan(抗マラリア薬)と、
b0207724_223777.jpg

Cefuroxime Axetil(抗生物質)です。
b0207724_2251552.jpg


この3種類を×3日分を、朝晩欠かさず飲んでいます。


体調をよく崩すんで、ちょっとだけガーナの薬に詳しくなってきました。

・・・なんにも嬉しくないけど。


でも逆に、今日はまったく夕方からは発熱してないんですよね。

おっ、いよいよ薬の効果が出てきたのかな?


でも、実は3日間分しか貰ってないんですよね、薬。

もし明後日以降、また悪化したらどうしよう・・・。


ていうか、マラリアって一度罹患したら1ヶ月は元に戻んないって話じゃなかったっけ?


ああもう、任地にはいつ帰れることやら・・・。

もう始まってんのかな、学校。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-09-21 23:59 | ガーナ1109