青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

カテゴリ:選考( 3 )

二次結果発表

二次選考を受けてから本日までの間は、実におだやかな日々が続きました。

ゴネようが何しようが、結果は決まってるんですから、腹くくるしかないわけです。

ひたすら、神様に祈るしかないわけです。

神様にワイロを送り、天国へのパスポートをねだったわけです。本気です。


そして昨日10日、ついに二次選考の結果発表がありました。

一次と同じく、ネット上では合否が貼られていたのですが、敢えて見ませんでした。

ゲン担ぎですよ。なんつっても、一次はこれで突破したんですから。


家に帰ると、微妙な厚みの速達が届いていました。

そういえば、二次選考の最後に、合格通知は速達で、不合格なら普通郵便で届くってアナウンスしてたような。

うわ、ちょっとしたネタバレ。


逸る気持ちを抑えながら封を開けると、「合格」の二文字。

よし、ここまでは想定内。


そして肝心の派遣予定国は・・・


「ガーナ」


そ、そんな馬ガーナ。

だって、希望した中には入ってないわけだし。


えー。

ちょっと待ってよ。

ガーナなんて聞いてないがーな。


まあ、いろいろ考えなきゃいけないことはありますが、とりあえず、合格は決まったんです。

今日は喜びの余韻に浸るとしましょう。
b0207724_2002317.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2010-08-11 20:40 | 選考

いざ本番

前日のジーパン・サンダルといったラフなスタイルからガラリ一変、この日のために用意した一張羅のスーツを身にまとい、集合時間ぴったしの7時20分にロビーに下りると、既に受験者と思しき若者たちがわんさか集まっていました。

おんなじ志を持った者同士、お互い頑張ろう、なんて甘っちょろいことは考えません。周りにいるのは全てライバル、こいつらを蹴落とさないと俺の夢は叶えられねぇんだよ。お手々つないでチーパッパなんてクソ食らえだ、なんてことはおくびにも出さず、静かに決戦会場行きのバスに乗り込んだのでありました。


バスに揺られること約30分。少し離れたところに六本木ヒルズを望む、運命を懸けた決戦会場に到着です。簡単に受付を済ませて控え室に案内されると、数十人のキャパがあるだだっ広い会議室にもかかわらず、なぜか一番前の特等席が自分の席でした。受験番号も3ケタなわけだし、なんでこんな一番前の席なわけよ? アイウエオ順なのか何順なのかは分からないけど、ここは一次選考の成績順なんだと自分自身に納得させて、しぶしぶ割り切ることにしました。

しばらく待つと、係員の方からざっと今日一日のスケジュール説明があり、それが終わると、さっそく語学試験のスタートです。ヒアリング+リーディングで小一時間。いずれもどことなく“協力隊”っぽさがそこここで垣間見られる、非常にクセと個性のある問題がずらりと並んでいました。


語学試験が終わるやいなや、続いて面接試験の開始です。席順とは関係なくランダムに呼ばれるはずなのに、こちらも全体の2人目となぜか早めの順番。こっちが一次選考の成績順なのかな。だって、後になればなるほど面接官もダレるでしょ。だから、デキる人ほど元気なうちに話を聞いておこう、みたいな。なんてね。

トップバッターの人と一緒に別室の前まで連れて行かれ、自分だけ部屋の前の椅子に座って待機。係員さんによると、個人面接で、時間はだいたい15分程度、とのこと。ということは、この舞台袖での脳内面接シミュレートができるのはたったの15分間。そんな短時間では心の準備が整わぬわけもなく、あっという間にその15分は過ぎ、自分の番になりました。

前の人と入れ替わりで中に入ると、面接官は4人。右からお兄さん、おばさん、おじさん、お姉さん。よし、ここは真ん中の二人がキーポイントだな、と瞬時に察する。序盤は志望動機や現在会社で担当している仕事など、軽めの質問からスタート。このあたりは充分に想定の範囲内。あらかじめ脳内シミュレートしておいたので、難なく交わす。異動のことも食いつかれると思っていたら、案の定。こちらも当たり障りのない回答をなんとかこじつけて、無事回避に成功しました。

でも、やっぱりたかだか15分の付け焼刃じゃダメですね。深い話になると、途端に馬脚がポロポロ。「ネットワーク関連の仕事って何やってたの」とか、「シンクライアント導入のメリットとデメリットって何?」とか、よりによって私のウィークポイントであるハードウェア関連の事について、左から二番目のおじさんが次から次へと突っついてくるんですよ。もう、途中から完全にしどろもどろ。挙句の果てには私の説明がとんと的外れだったようで、半分あきれちゃってましてたし。まあ、確かに話を聞いてるとスキルのありそうな方だな、とは思いましたけど。たぶん、OBの方なんでしょうね。このおじさん曰く、発展途上国でもコンピュータはシンクライアント化が進んでいるらしいです。へぇ~。

あたふたしながらも、とりあえずハードウェアは弱いけどそのぶんプログラミングとかソフトウェア系なら自信がありますよ、ってのをフォロー&アピールして、帳尻合わせはしておきました。確かに使える言語とかは限られてますけど、ここで引くわけにはいかなかったんですもん。

最後に左のお姉さんから事務的な質問を受けて、面接終了。時計を見ると、きっちり15分経過。ずっとお互い矢継ぎ早に話し込んでいたからでしょうか、なぜか短く感じました。


控え室に戻ると、また別室に行ってくださいとの案内。協力隊には隊員用の制服があるようで、その寸法を採寸します、とのこと。ぱぱっと片付けて、再び控え室に戻ると、また別の案内。別室に通されると、「あなたは22年度の3次隊を希望していますが、本当に大丈夫ですか?」という質問を受ける。やる気マンマンだからいつでも良いッスよ!と軽々しく答えてはみたものの、よくよく聞いてみると、3次隊の研修は8月末から始まるとのこと。だから会社を辞めて参加するにしても、辞めずに参加するにしても、どっちにせよ時間が無いんじゃない?と、心配されていたらしいのです。

あー、確かにキツいかも。だって、まだ全く会社には言ってないんだから。辞める気は毛頭ないけど、今は制度が無いわけだし、制度を作っていただくにも時間は絶対必要なわけだし。もし辞めざるを得なくなっても、確か退職届は1ヶ月前に出さなきゃいけないから、(二次選考の結果は8月の中旬に出るので)どっちみち間に合わない。

というわけで、先方の忠告通り、22年度3次隊での希望は泣く泣く取り下げました。次の4次隊か、その次の23年度1次隊での派遣希望に、直前で変えることにしたのです。


控え室に戻ると、ようやくひと時の休息。しかし30分ぐらい経った頃でしょうか、また別室への案内。健康診断の結果で気になることがある、らしい。うわー、例のコレステロール関係かなぁ・・・と思い、足取り重く医務室みたいな部屋に向かったところ、おばさん看護師(たぶんこの方もOGなんでしょうね)が、「あなた脚の骨折で1年以上も入院してたみたいだけど大丈夫なの?」と、眉間に皺を寄せて聞いてくる。

実は一次選考のときに必要だった健康診断の問診表には、過去の病気とか入院歴とかも全て洗いざらい書かないといけない(書かないと虚偽とみなされ合格取消の事由になる、らしい)ので、正直に脚のケガのことも書いていたんです。でも、逆にこれぐらいしか大きな病気はしてないので、これしか書いてはいないんですけど。もちろん日常生活にはまったく支障は無いですし、実際に歩いて見せて、問題なしとのお墨付きをいただきました。なんか疑惑が晴れたみたいで、まあよかったです。


これで、時計の針はちょうどお昼休みに。せっかくなら六本木ヒルズまで行こうと歩いたのですが、意外に遠く、往復するだけで1時間が潰れてしまいました。ああ、ヒルズ族になれると思ったのに。
b0207724_19375854.jpg


午前とは打って変わって、午後は全くなんにもすることがありませんでした。こなすべきイベントは、午前中で全て終了。あとは他の受験者の面接が終わるのをひたすら待つだけです。本当に、残念なくらいに何にも無し。館内をウロウロして時間を潰したり、パンフレットを読みふけったりして、ひたすら暇をもてあそびました。

午後3時半頃、ようやく全受験者の面接が終了したということで、解放宣言。今後の選考スケジュールについての簡単な説明があった後、晴れて解散となりました。後は1ヶ月後の結果を、首を長くして待つのみです。


せっかく東京まで来てまっすぐ帰るのももったいなかったので、ちょっと寄り道ということで、地下鉄を乗り継いで浅草寺まで足を伸ばしてみました。これが正真正銘、最後の神頼みです。
b0207724_1931161.jpg

b0207724_19311730.jpg
b0207724_19313289.jpg


ていうかスカイツリーって、こんな所にあるんですね。さすがにコロコロ(キャリーバッグ)を引いたまんま近くまで行くのはためらわれたので、後ろ髪を引かれつつも、遠くから見守るだけにしておいて、東京にサヨナラを告げました。完成してから、また見に行きましょう。

でも完成するのは・・・私の希望が叶えば、海外派遣中になるのかぁ。私が日本を空ける間に、アナログ放送も見れなくなるわけだし、消費税も上がってるだろうし、ロンドンでオリンピックも行なわれてるんですね。

まるで浦島太郎です。

そんなら、あっちで乙姫様に逢えるといいなぁ・・・。
[PR]
by ito_akihiro | 2010-07-14 22:26 | 選考

運命の前日

いよいよ泣いても笑っても明日14日が最終選考。明日は朝8時半に東京集合ということで、どう考えても当日移動は不可能なので前日入りを余儀なくされたわけで、だから今日も遠慮なく年休をいただきました。異動してからまだ半分も出社してない気がしますけど、まあ気にしない気にしない。

別に半休とかフレックスでも良かったのですが、実は最終選考の前日のうちにどうしても朝から東京でやりたいことがあったので、丸1日のお休みをいただきたかったのです。朝7時の新幹線に飛び乗って、まず向かったのは東京・品川。そこからJRと京成線にひたすら揺られながら、到着したのが第一の目的地である千葉県成田市です。

やりたかったことってのは、ズバリ「神頼み」なんですね。これまで語学試験の対策とか、健康診断に向けての体質改善とか、自分の力でやれることは全てやってきたつもりです。後は、必要なのは「運」のみなんです。人事を尽くしたので、後は天命を待つだけなのですが、ちょっとでも天の神様にアドバンテージを与えられるようにと、自らの足を使っての表敬訪問ということです。

実は、ここ数週間のうちにも、自宅から通える範囲で寺社仏閣めぐりを繰り返してきました。その一部をちょっとご紹介。

熱田神宮(愛知県名古屋市)
b0207724_17515785.jpg


田懸神社(愛知県小牧市)
b0207724_1753470.jpg


八幡神社(岐阜県大垣市)
b0207724_17545330.jpg


豊川稲荷(愛知県豊川市)
b0207724_1756379.jpg


砥鹿神社(愛知県豊川市)
b0207724_17571337.jpg


岩津天満宮(愛知県岡崎市)
b0207724_18515517.jpg


護国神社(愛知県名古屋市)
b0207724_18541530.jpg


覚王山日泰寺(愛知県名古屋市)
b0207724_18585599.jpg


城山八幡宮(愛知県名古屋市)
b0207724_1902268.jpg


荒子観音(愛知県名古屋市)
b0207724_1911675.jpg


豊国神社(愛知県名古屋市)
b0207724_1921148.jpg


大須観音(愛知県名古屋市)
b0207724_1925555.jpg


貴船神社(岐阜県大垣市)
b0207724_194312.jpg


お千代保稲荷(岐阜県海津市)
b0207724_1945457.jpg


杉生神社(岐阜県海津市)
b0207724_1961177.jpg


多度大社(三重県桑名市)
b0207724_1983062.jpg


治水神社(岐阜県海津市)
b0207724_1993818.jpg


多奈波太神社(愛知県名古屋市)
b0207724_19104296.jpg



で、話を今日に戻します。成田駅に着いたのが11時。駅前で腹ごしらえをしてから、徒歩にて成田山に向かいます。海外へのトランジットのため空港までは来たことがあるのですが、ここまで電車で来たのは初めて。あと犬山の成田山には数え切れないくらい行ったことがありますけどね。あそこってここ(成田山新勝寺)のバッタモンなんですよね。あくまでここが本家なんですよね。

成田山へ向かう参道がこれまた風情のある趣で。私は神社とかお寺も好きなんですが、こういう「門前町」の雰囲気ってのも大好きなんですよね。平日の真昼間ということで観光客もまばらで、歩きやすいし。ただ、あるお土産屋さんを覗いてたら、なぜか店員のおばちゃんにずっと英語で話しかけられてたんですけど。生まれも育ちもちゃきちゃきの岐阜っこなんだけどなぁ・・・。
b0207724_1919491.jpg


成田山を後にして、日帰り神頼みツアーは続きます。第二の目的地は神奈川県・川崎市。京成線とか京急線とか、えっちらおっちら在来線を乗り継いで到着したのが「川崎大師」です。

ここも来たのは初めてだったのですが、やっぱり電車の駅があるくらいデカくて有名な所は違いますね。お気に入りブックマークに登録決定です。あと、おやつに「久寿餅」をいただきました。たいへんおいしかったです。
b0207724_19211664.jpg


さらに東京に移動して、お次は渋谷区の明治神宮へ。いま話題のパワースポット「清正井戸」を探したのですが、見つかんなかったのでパス。後からググったら整理券とか必要だったみたいです。


そうこうしているうちにすっかり日も暮れてきたので、一都二県の神頼み弾丸ツアーはここで打ち切り。地下鉄を二本乗り継いで、事務所に用意してもらった宿舎へ移動することに。

どうやらこの建物は海外の学生さんの寄宿舎を兼ねているみたいで、閑静な住宅街の一角にある宿舎の入口では、明らかに国籍の異なる複数の団体さんと鉢合わせしました。建物に入ってチェックインの手続きをしている最中も、ずっとあらゆる国籍の方々に挟まれてしどろもどろ。

しかも建物の中がすんごく複雑で、自分の部屋を探すのに一苦労していると、ぱっと見アフリカ系のふくよかな黒人女性に助けられました。今日だけで、少なくとも100ヶ国ぐらいの人を見た気がします。


チェックインした後は、近くの商店街をウロウロして夕食を食べて、終了。あとは、明日に望むのみ。

もう、やるっきゃないだけです。
[PR]
by ito_akihiro | 2010-07-13 22:57 | 選考