青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

カテゴリ:ガーナ1212( 8 )

ガーナその632

先日ドネーションとして頂いた50台以上のコンピュータ、

最初は今ラボに置いてあるパソコンとごっそり入れ替えるという話でしたが、

なんやかんや紆余曲折あって、けっきょく第2コンピュータラボを拵えることになりました。


そして、先週からコツコツ作り初めて、ようやく出来たのがこんな一室。
b0207724_20113618.jpg


教室の後ろから撮ると、こんな感じ。
b0207724_20133082.jpg


どことなくサマになっているような気がしないでもないですが、

実はこの部屋、電気が来てないんですよね・・・。


なので、よく見るとどのパソコンも電源コードの先っちょが、

その居場所を求めてぶらぶらしちゃってます。


本体の中身もカラッポです。


ということで、とりあえず机を持ってきて、

その上に余ってるモニタとキーボードを置いただけ、といった、

ラボとして使用するにはまだまだ時間がかかりそうな段階です。



でも、これでまた“やれること”の選択肢が増えたわけですね。


いま自分のアタマの中で描いているのが、

「コンピュータ部(クラブ)の新設」なんですよね。


もちろん学校側の需要とかも考慮して話を進めていく予定ですが、

いかんせん私に残された時間はあと3ヶ月弱とごく僅かなわけですよ。


さて、いっちょ最後にでっかい花火打ち上げるとしますか。





ちょっと前から、私のアパートがある敷地内に、ヤギ×2が現れました。
b0207724_21151023.jpg

大家さんの孫娘いわく、予想通りクリスマスの“おかず”になるそうです。


あと数日感の命、彼らもそれを察しているのでしょうか。

やたら悲しい瞳でこちらを見つめてくるのが非常に印象的です。


今のうちに、たーんと太っとくんだよ・・・。
[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-19 23:59 | ガーナ1212

ガーナその631

とか何とか言ってる間に、電気屋さんがクーラー使えるようにしてくれた!
b0207724_2358242.jpg


さっそく、やたらテンションの高いゴルゴ(同僚教師)と一緒にスイッチON!


ホントに風キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


うわー。

チョー涼しいんですけど。


これぞニッポンの夏ですね。


でも窓ぴったんこ閉まんないし、

こんなだだっ広いスペースにたった2台しかないから、

ちょっと「焼け石に水」的な気がしないでもないですが・・・。




毎週火曜日はマーケットDayということで、

今日も停電の暇つぶしにと、ちょっくら学校を抜け出して足を運んでみました。


そして今日はじめて見つけた掘り出し物がコレ。
b0207724_1943619.jpg

何なんですかね、これ。

あと6つ集めれば龍が出てきて願いが叶うんでしょうかね。


とりあえず口にしてみたところ、パッサパサのパンでしたね。

口の中の水分という水分を全部持ってかれましたね。


でも甘さ控えめで、微妙にクセになる美味しさでしたとさ。
b0207724_2074880.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-18 23:59 | ガーナ1212

ガーナその630

365×2=730で、

今日の日記が630回目の更新ということは、

残りのガーナ隊員生活もついに100日となったというわけですね。



さて、そんな記念すべき日の朝のこと。

どこからともなく電気屋さんが大挙押し寄せてきて、何やら私がいる部屋の配線をイジリ始めました。
b0207724_22134610.jpg


なんか新しいおもちゃでも貰えるのかなー、

と、期待に胸を膨らませつつ事の成り行きを見守っていたら・・・

b0207724_22184488.jpg

ファン(扇風機)だ!


ついに、私が本丸にしているコンピュータラボの控え室にも、

お扇風機様がいらっしゃったわけですよ。


うわー、嬉しい。

これで部屋の快適さが2%は増しますね。



あ、でも、嬉しいんだけどさ・・・


実は先月末、ウチのラボにこんな奇跡が起きたんですよ。
b0207724_22263534.jpg

ええ、ご存知エアのコンです。

もうね、現代文明の利器の極みと言っても過言ではないではないでしょうか。


そんなこの子が、なんの前触れもなく、ふいに現れたのです。

発展途上国の、一介の公立高校の、しがないコンピュータラボに、ですよ。


まさにミラクルです。

地上に舞い降りた天使です。



・・・でも、実はこのクーラー×2、電気屋さんが取り付けるだけ取り付けて、

配線等は剥き出しのまんまで帰って行っちゃったんですよね。


室外機の箱も、2週間以上経った今でも表に無造作にほっぽり出したまんまです。
b0207724_22273281.jpg

というわけで、せっかくの文明の利器も、

現時点ではただの部屋のインテリアでしかないわけなんですね。


扇風機もありがたいっちゃありがたいけど、

どっちかといえばこっちのほうの優先度を上にして欲しかったなぁ・・・。
[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-17 23:59 | ガーナ1212

ガーナその629

昨日、聖なる森トレッキングツアーより無事生還した我々一同は、

まずTechimanのスポットでB/A州隊員プレゼンツの「おにぎりパーティー」を開催。
b0207724_21312623.jpg


その後、KumasiのH隊員家でちょっと早めの「クリスマスパーティー」を開催。
b0207724_21565914.jpg


そして、飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎが夜中まで続くという、

とっても充実した年の瀬のひとコマでした。




さて、他には特にネタも無いので、

最後にTechimanのマーケットで撮った一枚の写真を載っけときます。
b0207724_220193.jpg

ヤムイモです。

ただの何の変哲もない、ヤムイモです。


この写真を見てあらぬ妄想を抱いた貴方、

貴方の心はきっと病んでいます。
[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-16 23:59 | ガーナ1212

ガーナその628

大統領選にともなう移動規制も、ひとまずは本日で解除。

ということで、さっそく久しぶりにガーナ国内小旅行に出かけました。


ガーナ第二の都市・Kumasiから北へ2時間、まずはTechimanという町へ。
b0207724_1976100.jpg

そこからトロトロをチャーターし、走ること更に15分。
b0207724_1973993.jpg


着いたのが今回の旅の目的地、「Tano Sacred Grove」なる場所。
b0207724_0384968.jpg

直訳すると「聖なるタノ森」といったところでしょうか。

誰が呼んだか、「ガーナのカッパドキア」だそうですよ。


ちなみに同行したメンバーは、アシャンティ州&B/A州配属のなかよし10人組。
b0207724_0395360.jpg


そんな我々一行をまず出迎えたのが、青い空を覆わんばかりのおびただしい数の黒い飛行物体。
b0207724_1981945.jpg

実はこれ、鳥ではなく全てコウモリなんですね。
b0207724_1985153.jpg


これを、現地の住民は(食用のため)こんな銃で撃つわけです。
b0207724_18551197.jpg

それにしても、なにこの表情。

銃乱射問題で揺れてる昨今だってのに、まったく不謹慎な・・・。



閑話休題、いよいよ「Tano Sacred Grove」探訪スタートです。
b0207724_20554525.jpg

現地ガイドのプリンスさんの先導で、木漏れ日が射す幻想的な森の中をずんずん進みます。
b0207724_1951121.jpg

おや、大きな岩にぶつかりました。
b0207724_19525842.jpg

この岩の下は、大昔のリビングとキッチンだったんだとか。
b0207724_1993731.jpg

その昔、ここに住んでいた人々は、このようにこの大岩の下に集まって生活してたんですって。
b0207724_19212585.jpg

当然食器などは無いので、このような岩のくぼみをお皿代わりに利用したり、
b0207724_19215196.jpg

葉っぱをまるめてご飯を炊いたり、水を集めて飲んだりしたそうです。
b0207724_1930079.jpg



さらに鬱蒼とした森を奥へ奥へと進んでいくと、ちょっと視界が開けたところに出ました。
b0207724_19552790.jpg

ここから道は一気に険しくなっていきます。
b0207724_21195040.jpg

なんとか私も遅れないように必死についていきます。
b0207724_21203743.jpg

ほぼ垂直の心臓破りの岩をみんなで登りきったところで、
b0207724_21261527.jpg

ほっとひと安心、の記念撮影。
b0207724_21264983.jpg


しかし、険しい道のりはまだまだ続きます。
b0207724_21324838.jpg

b0207724_21443647.jpg

b0207724_21332830.jpg

b0207724_21453321.jpg

b0207724_214625.jpg

b0207724_21464799.jpg

b0207724_21525985.jpg

b0207724_21534675.jpg


当地における、最高難度の断崖絶壁登り。
b0207724_23224629.jpg

この難所を越えると、こんな天井の低い岩のスペースが広がっています。
b0207724_23252145.jpg

ここは、かつてPalace(コミュニティ長のお屋敷)だったんだとか。
b0207724_23234392.jpg

なので、腰を下ろす場所がちょうどこのようにお尻の形にくぼんでいるわけです。
b0207724_23244110.jpg

さて、今日の王様は誰でしょう? かどわキングかな?
b0207724_2326874.jpg


まだまだ聖なる地の探訪は続きます。
b0207724_1492737.jpg

b0207724_1495173.jpg

b0207724_150862.jpg

b0207724_1502513.jpg

b0207724_1504165.jpg

b0207724_1505968.jpg

b0207724_221537.jpg


おや、突き出した岩の上に誰か立ってるみたいです。
b0207724_159199.jpg

よく目を凝らして見れば、全員見知った顔でした。
b0207724_1593311.jpg

せっかくなので、私も登ってみることに。
b0207724_204963.jpg

その頂から見下ろすアフリカの大地は、
b0207724_19583035.jpg

180度、はるか地平線の果てまで見渡せる、まさに絶景でした。
b0207724_19592936.jpg

ぜひこのK脇隊員の写真に「地球の明日を見つめる青年海外協力隊」というキャプションでもつけて

JICAボランティアの募集広告にして欲しいくらいです。
b0207724_200213.jpg



さて、道のりはさらに続きます。
b0207724_20174271.jpg

b0207724_20195218.jpg

b0207724_20202265.jpg


そしてしばらく歩くと、またしても少し開けた場所に出ました。
b0207724_20204640.jpg

ここでは、かつてお祭りが行われていたんだとか。

そのお祭りってのが、この5本の線状の岩を、5人の男が出来るだけ早く登る競走なんですって。
b0207724_2045252.jpg

で、早く着いた上位2名が女性にプロポーズ出来る権利を得る、だったかな。

というわけで、我々も競走です。
b0207724_2053228.jpg

が、これが意外とつるつる滑る滑る。
b0207724_2048597.jpg

途中で身の危険を感じて、恐る恐る下りる私。
b0207724_2021175.jpg

優勝はS岡隊員でした。ちなみに彼が選んだのは予想通りK脇隊員でした。
b0207724_20485671.jpg


さらに歩くと、景色は再び鬱蒼とした森へと逆戻り。
b0207724_2134949.jpg

b0207724_214929.jpg

b0207724_214434.jpg

b0207724_2153996.jpg


shrineてことは、ここは神社のようです。
b0207724_2155648.jpg

b0207724_21105971.jpg

よく見ると、お供え物が置いてありますね。
b0207724_2162568.jpg


そして、入口に戻って、これで探訪はおしまい。
b0207724_21113795.jpg



2時間あまりのトレッキングツアーでしたが、

ほとんど手つかずの自然が我々を出迎えてくれます。


ガーナ在住の皆さまにも是非オススメしたい、隠れた穴場スポットだと思いますよ!
b0207724_201649.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-15 23:59 | ガーナ1212

ガーナその627

どうもこんにちは。

1980年5月27日生まれ、さる年でふたご座の伊藤です。


昨日の夜中のこと。

洗濯中に何気なく空を見上げたら、漆黒の闇にひと筋の流れ星。


そういや、12月の半ばといえば「ふたご座流星群」の時期ですもんね。

ここガーナでも、すべからくこの天体ショーは見られるんですね。


特にウチなんかは、四方八方をジャングルに囲まれた、周りに何にもない、

町内で一番高い建物でも2階建てというド田舎町ですから、絶好の天体観測ポイントなわけですよ。


さっそく、次々に流れゆくひと筋の光にお願い事をしてみました。


何をって、そりゃあもちろん、

日本に帰ったらいい働き口が見つかりますように、ですよ。


でも今日も、相変わらず履歴書でお祈り記録は継続中。

いつになったら1回戦突破できるんだろう・・・。


そんなこんなで、真夜中に真っ暗な夜空を真面目な顔で一心に見つめてたもんだから、

同僚の先生に見つかっちゃって、ちょっぴり怪しまれました。


「イトー、何やってんだ?」

「ああ、シューティングスター、見てんだよ」

「???」


どうやら彼らは宇宙の神秘になどまるで興味がないようです。


そうだよね。

世界は神さまが作ったんだもんね。





さて。

たまにはお仕事の話でも。


実は先月中旬、我が校に大量のパソコンがドネーションで届きました。

その数、実に50台以上。
b0207724_0124794.jpg


いやあ、正直こんなに貰っても手に余るだけだよ・・・とはおくびにも出さず、

ありがたく頂戴しました。


そして、これを見たCPが開口一番、

「よし、今ラボにある古いパソコンとごっそり入れ替えよう」


そりゃあ、口で言うのは簡単だけどさ、実際にやるのは私なんだよね・・・。


でも、当然ながら(ハードディスクの)中身はカラッポ。

というわけで、OSのインストールから始めなきゃいけないわけです。


で、せっかくイチからやんなきゃいけないんならということで、

「Windows7、入れてみない?」

とダメ元で提案してみたところ、あっさりOKの返事が。


さすが、これまでにインターネットとかエアコンとか、

途上国では不可能だと思ってた私の願望を良い意味で裏切って

次々と実現してきた学校だけのことはありますね。

決して「ノー」とは言いませんね。


ただ、その「OS」自体は当然ながら、現時点では我らの手元にはナッシング。


ということで、ICT科の同僚に依頼したら

「そのうち手に入れるよ」

との頼もしいひと言。



・・・で、案の定1ヶ月以上経った今でも、なんの進展もないわけです。

ついにせっかく頂いたコンピュータの山も、ラボの片隅でホコリをかぶり始めました。


というわけで、ただの箱にしとくのももったいないので、

ぼちぼち中身を分解したりしてイジり始めたここ最近というわけです。
b0207724_0473969.jpg


あれ、意外と正常に動かないのが多いぞ・・・。

こりゃ、大半が部品取り用になっちゃうかもね。
[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-14 23:59 | ガーナ1212

ガーナその626

とある先生から、

「イトー、ちょっとこれを見てくれ」

と見せられたのが、ケータイで撮った“メイドインジャパンの扇風機”の写真の数々。


どうやらスイッチ類の機能説明(「入/切」とか)が日本語で書かれているので読めないらしく、

これらを英語に翻訳して欲しいとのこと。


そんなのお安い御用ということで早速取り掛かったのですが・・・

のっけから躓きました。


○微風

○弱風

○強風


まあ、“強風”はいいですよね。「strong wind」とか「high wind」でしょう。

“弱風”も直訳で「weak wind」でなんとか理解してもらいました。


で、問題は“微風”ですよ。

微?

び?

bi?


ていうか、そもそも微風と弱風の違いってナニ?


日本語の言い回しって、ホント微妙なのが多いですよね。

ほら、また「微」なんて漢字出てきたし・・・。


とりあえず「highとlowと、あと真ん中のがmiddle」ってことにしときました。



あと、よく分からなかったのが「リズム」と「おやすみ」と書かれたボタン。

おそらく前者は、弱い風と強い風を交互に繰り返すんでしょう。


が、後者の「おやすみ」ってのは、どんなファンクションなのか、

その言葉だけではその見当すらつかず。


タイマー・・・かな、

いや、タイマー機能は別についてるようだし・・・。


まったく分からなかったので、

とりあえずそのまんま「Good nightだよ」って教えておきました。


Nationalさん、ぜひガーナ人にも優しい扇風機の開発をお願いします・・・。





さて。

話は変わって、転職活動のことについて少々。


私はこの青年海外協力隊に会社を退職して無職の状態で参加しているため、

帰国後に新たな職を探す必要があります。


で、その帰国までもあと3ヶ月あまり。

今年の8月頃からいくつかの転職サイトに登録して、ぼちぼち情報を集めてはいたのですが、

そろそろ重い腰を上げて本格的に転職活動を始めようと思い立ち、

いよいよ実際に今週からさっそく数社に履歴書を送ってみました。


そして、いくつかの企業からさっそく返信が届きました。

ええもちろん、もれなく全ていわゆる「お祈りメール」でしたさ。


ああもう、送って即お祈りってことは、完全に機械的に弾かれたってことじゃんね。

学歴フィルターならぬ、職歴フィルターか・・・。


はたまた、単純に年齢だけ見てポイされたのか・・・。


あれ、よく考えたらこの会社、

おいらが新卒だった時に受けて、確か二次面接ぐらいまで行った会社じゃん・・・。


「新卒」というステイタスは、国家資格に比類する、

なんて格言を聞いたことがあるような、ないような。



とりあえず、今後も私の転職活動状況はここで随時お知らせしてこうと思います。

意外と、協力隊員生活を赤裸々に綴った記事はあっても、

その後の転職活動についてを載せてるブログって見ないですもんね。


そしたら、このブログのタイトルも変えなきゃね。


何にしよう。


「13歳のハローワーク」ならぬ、

「33歳のハローワーク」かな・・・。


うわ、なんか悲しくなってきた・・・。
b0207724_1195541.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-13 23:59 | ガーナ1212

ガーナその625

さて。

本日は2012年12月12日です。

ずいぶんと12が並びましたね。

限りなくどうでもいいですが。



先日、ぞうさんチームvsとりさんチームの大統領選挙も無事に終わり、

再び平和なJuaben生活に逆戻りです。


ただ、インターネットへの繋がりにくさだけは、

相変わらず改善される気配すら微塵も感じられず。


そういうわけで、前回の日記からだいぶ空いてしまいました。



でも、ついに任地でこんなのを見つけたんですよね。
b0207724_121285.jpg

「INTERNET CAFE」ですよ。

ネカフェですよ。


ちょっと前までは町中を野良ヤギが縦横無尽に走り回ってたくらいなのに、

あ、そりゃ今もか、

それはさておき、どんどん近代化していく、我が町Juaben。


ただ、この店、実は開いてるの見たことないんですよね・・・。


というわけで、今もけっきょくモデムで繋いでます。

とりあえず学校まで来りゃ、まあまあ繋がることは繋がるので。


あと、我が家でも夜中とか早朝なら比較的繋がりやすいことを最近発見しました。

というわけで、明日から早起きして再び毎日ブログ更新を目指します。




さて、今日あった小ネタでも。

現在、ウチの高校は期末テストの真っ最中なんですね。


今回は監督も採点も含めて、何にも試験関連のサムシングには関与しない予定なので、

ていうか何にも聞いてないだけなんですけど、

とりあえずテスト期間に突入しても、退屈な毎日が続いています。


で、午後の昼下がりのこと。


停電のおかげで、ただでさえ退屈な時間に更に拍車がかかってたので、

ちょいと試験中の生徒でも冷やかしに行こうと旧教室棟付近を歩いていたら、

「おいイトー、ちょっと席外すから試験監督代わってくれ!」

と、とある教室からとある先生の声。


特に断る理由も無かったので、とりあえず二つ返事でOKして、

教卓付近に腰を下ろして教室全体を一望するやいなや、

明らかな違和感に気付いたわけです。


ひとりの男子生徒の、挙動がどっからどう見ても不審。


ああ、こりゃ毎度恒例のカンニングだな・・・。


きっと隣の女子生徒の答案用紙を覗き見したいんだろうけど、

その女子も異常なまでに警戒しているのが丸分かりで、なかなか実行に移せない様子。


足を横に出したり引っ込めたり、タイミングを見計らってはいるものの、

こっちも現行犯の瞬間を見逃さぬように、徹底的にマンツーマンで鉄壁のディフェンス。


そして10分ほどにらみ合いは続き、やがて元の試験監督だった先生が帰ってきて、

彼と席を交代した瞬間、私は見逃しませんでした。


・・・一瞬の隙を突いたその男子生徒、まさかの答案用紙ごと交換。


あまりに見事、いや可哀想なので、見て見ぬフリしましたけどさ、

もうちょっとスマートな方法もあったんじゃないの・・・。


まあでも、悲しいかなこれがガーナの高校の現状なんですよ、日本の皆さん。






では、最後に今朝のJuabenの様子をご紹介。
b0207724_1453731.jpg

一面、見渡す限りの真っ白な世界。


ここは高原のペンションですか?



・・・いいえ、ただのコンクリートの打ちっぱなし四畳半です。
[PR]
by ito_akihiro | 2012-12-12 23:59 | ガーナ1212