青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

カテゴリ:ガーナ1304( 3 )

ガーナその761 ここ最近2ヶ月ぐらいのダイジェスト的なおはなし②

2月18日(月)

というわけで、本日向かったのがこちら。
b0207724_21112377.jpg

Baba Yara Stadium」という、Kumasiにある国際スタジアムです。

実はここで開催された「Athletics(陸上競技会)」を見学してきたんですね。


Ashanti州内の津々浦々から集まったのべ30あまりの高校がスポーツでしのぎを削る、

まさに“ガーナ版大運動会”ですよ。


私も生徒たちと一緒にスクールバスに乗って現地に行ったのですが、

「イトーはTeacherなんだからVIP席で見てきなよ!」と生徒に肩を押されて彼らと別れ、

一人寂しくまるで競馬場みたいな屋根のあるスタンドで悠々と見学させて頂きました。
b0207724_21122077.jpg


ちなみに彼ら生徒達は直射日光を120%浴びながらの観戦を強いられてましたね。
b0207724_21185792.jpg

よく熱中症とかにならんもんですよ。

選手はたまに倒れて担架で運ばれてたりもしましたけども・・・。
b0207724_21174532.jpg



種目は短距離走、
b0207724_21344725.jpg

長距離走、
b0207724_2138331.jpg

リレー、
b0207724_21415144.jpg

走り高跳び、
b0207724_21402597.jpg

やり投げ、
b0207724_21374839.jpg

円盤投げ、
b0207724_21392786.jpg

その他にも走り幅跳び、棒高跳び、砲丸投げなど多種多様。


意外と言っちゃあ何ですが、かなり運営側の段取りがよく、

どの競技もスムーズに進行されていたのが印象的でした。



そして気付いた、ウチの高校の隠された秘密がふたつ。


その① ウチの学校は、速い。

なんと男子4×100mと4×400mリレーでそれぞれ優勝、

4×200mでも3校横並びのゴールでハナ・クビ差の3着と、

その快速っぷりにスタンドが思わずざわつくくらい。


女子はちょっと残念でしたけど・・・。



その② ウチの学校は、おとなしい。

こういう類のイベントだと、一部の生徒はバカ騒ぎというかハメを外しがちなんですが、

みんな借りてきた猫のようにスタンドの片隅でずっと静かに見物してんの。

普段の校内だと奇声あげるヤツとかもいるんですけどねぇ・・・。


でも、やっぱり観客席の一部では興奮した学生の暴動的なことも起こっており、

アーミー的な方々が制圧に向かっていたのがちょっぴり印象的でした。
b0207724_0124471.jpg






2月24日(日)

そしておんなじ週の週末。

今度は隊員仲間で再びおんなじスタジアムに足を運んで参りました。
b0207724_21485581.jpg


目的は、せっかくワールドカップでベスト8に残るくらいサッカー熱の高い国まで来て、

国内リーグも見ずに帰国しちゃうってのもなんかもったいないじゃないかということで、

ガーナサッカーのプロリーグ(Ghana Premier League)をお腹いっぱい堪能しよう!

・・・ってのがコンセプトでした。


今回の対戦カードは、我らKumasiが誇る名門チーム「Asante Kotoko」と、

Accraにある「Liberty Professionals」という、ぶっちゃけよく知らない謎のチーム。


ガーナのプレミアリーグといえば、

Kumasiの「Asante Kotoko」とAccraの「Hearts of Oak」が、2強と言われています。

いわゆる巨人・阪神みたいなもんです。


だからこの両軍のマッチだと、チケットも飛ぶように売れて、しかも通常よりも割高なんだとか。

(※ちなみに今回はVIPシートで10セディでした)


でも今回は相手がリバティなんちゃらとかいう、どこの馬の骨かも分かんないチーム。

というわけで、正直、試合前は面白い展開を期待していなかったのですが、

蓋を開けてみれば、これが、まあ手に汗握る白熱の試合でございまして。
b0207724_0275088.jpg


前半は、我らコトコが0対1のビハインドで折り返すという、まさかの展開。

意気消沈(そうでもない?)のコトコ日本人サポーターズ。
b0207724_0265230.jpg


しかし後半、怒涛の得点ラッシュであっという間に2対1と逆転。

小躍りする筆者。
b0207724_0564678.jpg


だけどやがて同点に追いつかれ、そして終了間際、まさかの逆転・・・。

もう、この時点で観客の多くが諦めて帰っていきました。


もー、最後まで見てけよ・・・。

なんか、こういうトコにお国柄ってのが滲み出てますね。


しかししかし、我々の願いが通じたのか、最後の最後でまさかのPKをゲット。
b0207724_0581972.jpg

これをきっちり決め、3対3の同点で試合は終わりました。


いやあ、気温もさることながら、最初から最後までアツい試合でした。


世界の皆さん、イングランドのプレミアリーグもいいですけど、

ガーナのプレミアリーグも捨てたもんじゃないですよ!
b0207724_0583794.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2013-04-27 23:59 | ガーナ1304

ガーナその760 ここ最近2ヶ月ぐらいのダイジェスト的なおはなし①

任地だと、度重なる停電のせいでまともにパソコンの電源すら入れられないので、

ここ2ヶ月ぐらいの間に起きた、うpしたくても出来なかった小ネタ集を、

この首都アクラでうだうだしている間にダイジェストでお届けすることにしましょう。



2月2日(土)

ウエスタン州のNzulezo(ンズレゾ)へ、隊員仲間と小旅行。
b0207724_22114652.jpg

ここはいわゆる「水上村」と呼ばれる、水の上で生活する人々の集落を見ることが出来ます。

というわけで、目的地までは最寄りの町Beyin(ベイン)からボートで移動することに。
b0207724_2213811.jpg


運河的な水路を通過し、
b0207724_22263532.jpg

ワニが出てきてもおかしくないようなジャングルクルーズ的な森を抜ければ、
b0207724_22285688.jpg

すわ大西洋かと見まごうくらいの大海原に出たりもして、
b0207724_22293387.jpg

そんなこんなで1時間ボートを漕ぎ続けて、ようやく村に到着。
b0207724_22311711.jpg


水の上に建てられているとはいえ、街並みは見慣れたガーナのそれ。
b0207724_22364888.jpg

教会もあれば、
b0207724_22391724.jpg

学校もあったり、
b0207724_22404346.jpg

ゲストハウスもあります。
b0207724_2241138.jpg


そして帰りも同様にボートを漕ぎ続けること1時間。
b0207724_22412332.jpg

船を下りる頃には、もう完全に疲労困憊ですよ。
b0207724_22463076.jpg


その後、トロトロとチャーターしたタクシーを乗り継いで向かったのが、

ガーナ最南端の岬「Cape Three Points」
b0207724_23563750.jpg

サンセットに合わせて時間を調整して移動したので、

着いた頃にはギニア湾に夕日が沈む、まさに幻想的な瞬間に出逢うことが出来ました。
b0207724_03185.jpg

b0207724_0161486.jpg

ガーナの果てで「エグザイルもどき」
b0207724_033929.jpg

ガーナの果てで「白鳥のポーズ」
b0207724_041910.jpg

ガーナの果てで「鶴の舞」
b0207724_045868.jpg

ガーナの果てで「千手観音」
b0207724_053914.jpg

ガーナの果てで「扇」
b0207724_06798.jpg

ガーナの果てで・・・
b0207724_20461176.jpg

そしてガーナの果ての灯台と記念写真。
b0207724_063823.jpg


そんな、ウエスタン州弾丸ツアーでした。
[PR]
by ito_akihiro | 2013-04-26 23:59 | ガーナ1304

ガーナその753 最近の活動と危機一発!なおはなし

ここ1ヶ月ぐらい、毎日もれなく

「6時→18時」か「18時→翌6時」のどちらかは必ず停電しています。

いわゆる「計画停電」ですね。


これが、普段のガーナのいい加減さからは考えられないくらい、

毎日決まった時間から時間まで、憎らしいくらい絶対的に、きっちりはっきりぴったり正確に。


それに加えて通常の停電もあるもんだから、電気なんてあって無いようなもんです。

あんなの飾りです。

偉い人にはそれが分からんのです。


ホントはブログとかも、もっとこまめに更新したいんですけどね・・・。

iPhoneからFacebookにアクセスして「いいね!」を押すのが関の山です。



しかもイースター休暇明けてから、一回もC/Pに会ってないし。

んったく、仕事何すりゃいいのよ・・・。


あ、そういえば一回だけ会ったわ。

先週末の金曜日に。


案の定、無断欠勤を詫びるどころか罪悪感のカケラすら微塵も無く、

ペラペラと旅行の自慢が口から続々と飛び出すわ飛び出すわ。


なんでも、ケープコースト(世界遺産のあるガーナ随一の観光地)の方で

一週間ぐらい羽を伸ばしてたんですって。


「イトー、見てみろ。コレ、日焼けしてんだろ?」

・・・それなんてブラックジョークよ?



さて、そんなわけで昼間に電気来ないから全くPC関連の仕事ができないし、

配属先の高校はWASSCE(西アフリカ版センター試験)期間に突入しており、

授業も無ければ生徒も先生もいないということで、

最近はもっぱら暇を持て余してブラブラしてます。


と言っても、ただ無為にそこら辺をウロウロしているというわけではなく、

徒歩圏内にある町の小学校や中学校を回って、ICTの授業に関する情報を集めてるんですね。


「PCルームはあるのか」とか、

「あるんだったらPCは何台置いてあるのか」とか、

「どんなSWがインストールされてるのか」とか、

「そもそも授業は行われてるのか」とか。


で、今は小学校も休みだから、次の学期がスタートしたら、

機会があれば授業とかやらせてもらおっかなー、と、布石を打ってる段階ですね。


ちなみに今んとこ(生徒用の)PCがある学校はゼロ。

授業も、ちゃんとやってんのかやってないのか微妙なトコロ。


何はともあれ、帰国までついに4ヶ月を切っちゃいましたからね。

“モノ”的な援助は時間的に難しいから、“ギジュツ”的な援助をお土産にできるといいかな。
b0207724_6405369.jpg

↑巡回先の小学校のひとつ




そんなある日。

それは朝6時のことでした。


眠い目を擦りながらトイレに入り、用を済ませ、さあ出ようとカギを捻ると・・・


「ポキッ」


まあ、なんて小気味よい音なんでしょう。


もう、一瞬で目を覚ますのには十分な快音でした。

トイレのカギ、ものの見事にまっぷたつ。
b0207724_6433511.jpg


ここにきて、まさかの初インロックですよ・・・。


いやあ、他の隊員からやらかした話は聞いたことがあったのですが、

まさか我が身に降りかかる日が来ることになろうとは・・・。



このトイレにある唯一の窓は網戸と鉄の棒がはめ殺しになっており、

ここから脱出するという選択肢はまず消滅。


あまつさえその窓が向いているのは家と家の間の袋小路ということで、

誰かが近くを通るという可能性もほぼ絶望的。


起き抜けで着の身着のままでここに来たということで、

当然ながらケータイなどの通信機器も持っておらず、誰かに連絡をとることも無理。


強引にカギを回そうとしても、頭を無くしたそれは、つるつ滑るただの棒。


ドアを蹴破ろうにも、無駄に頑丈過ぎる。


もう、これは意を決してカギ自体を壊すしかないと決意するも、

ただの1畳半の小部屋には有用なアイテムなど転がっているはずもなく・・・。



そして絶望に打ちひしがれること約4時間。


もう俺はこんなトコで一生を終えてしまうのか・・・

と、これまでの32年間が走馬灯のように過ぎった次の瞬間、

ふと耳を澄ませば遠くに大家さんの声が!


この千載一遇のチャンスを逃してなるものかと、恥も外聞もプライドもかなぐり捨てて、

枯れんばかりの大声で叫ぶ叫ぶ。


それが功を奏し、なんとか気づいてもらうことに成功しまして。


必死に閉じ込められたことを説明し、網戸の一部を破って折れたカギを渡して、

外からペンチを使ってカギを回してもらい、ようやく脱出できたわけです。


シャバの空気を吸った刹那、あの熱帯地域特有の生暖かい風が、

あんなに心地よく爽やかなものだとは夢にも思いませんでした。


とりあえず速攻で町に出て合カギを作って、

その後トイレにドライバーセットとペンチを常備しておくことにしたのは言うまでもありません。


いやあ、途上国でひとりで生きるって、ホント怖いっすねぇ・・・。




最後にひとこと。



なんて日だ!


↑なんか日本で流行ってるらしいですよ。
[PR]
by ito_akihiro | 2013-04-19 23:59 | ガーナ1304