青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

カテゴリ:被災( 3 )

被災③

25名の隊員を載せたバスは、夜通し走り続けました。

国道4号線をひたすら南下しました。


福島県全体がゴーストタウンと化していました。

夜とはいえ、国道付近がこんなに暗いのは、まず考えられない不自然な状態でした。
b0207724_18561045.jpg



道中、ほとんどの店は閉まっており、

24時間営業のはずのコンビニやガソリンスタンドも、開いている方が少ないくらいでした。


ようやく見つけた営業中のコンビニでも、

断水でトイレが使えなかったり、ほとんどの棚が空っぽになっていたりなど、

災害の脅威が広がっていることを改めて認識することができました。
b0207724_191320.jpg



途中、幾度となく渋滞に巻き込まれました。

おそらく、我々と同じように避難された福島県民の方が多かったのでしょう。


訓練所を去る間際に二本松市民の方から頂いた温かい非常食のご飯も、

我々には本当に有難い差し入れとなりました。
b0207724_1944914.jpg




バスは栃木、埼玉を経て、ついに福島を発って9時間後、

深夜3時過ぎに、東京・幡ヶ谷にあるJICAの施設に到着しました。



ほっと一息つく間もなく、着いてすぐに、

二本松訓練所平成22年度第4次隊、145名全員の無事が報告されました。

誰からともなく、安堵の声が上がりました。


また、この施設では新幹線組とも合流することが出来ました。

あの日、2時半過ぎに郡山駅を発車した新幹線は、

福島と栃木の県境あたりで被災したそうです。


その瞬間、脱線、転倒かと思うぐらいの大揺れが起こり、新幹線は急停車して、

そこで乗客は10時間近くも電気の通わない車内に缶詰めになったそうです。


その後、そこからJRの手配で那須のホテルまでバスで運ばれ、

数百人の人たちと雑魚寝で一夜を明かし、さらに翌日、JICAの手配したバスにより、

那須から東京のこの施設まで運ばれたそうです。




そして私たち二本松から遠路はるばるやって来た25名の訓練生が、

この施設に到着した最後のグループになりました。


宿泊部屋は前の客が使ったままでしたが、この際贅沢なんて言ってられません。

屋根のあるところで一泊できるだけで、御の字でした。

2日ぶりの風呂に入り、2日ぶりにベッドで横になることができました。



翌朝、昨日から何度繰り返したか分からない、

荷物のパッキングと仲間との別れを済ませました。
b0207724_199215.jpg

b0207724_19165512.jpg


もうこれが本当に最後の別れになることを祈って・・・。



施設を出た後は幡ヶ谷駅まで徒歩で移動し、

そこから新宿→品川と電車で移動しました。


品川駅で、何日ぶりかのまともな食事にありつくことができました。

ここに来るまでは、普通に食べることのできた、何の変哲もないラーメン。
b0207724_19211428.jpg


でも、そんな一杯のラーメンの温かさが、生きていることを実感でき、

食べているうちに自然と涙が溢れてきました。


このラーメンの味は、一生忘れることが無いと思います。



12時半頃に、東海道新幹線で東京を発ちました。

被災してから何十時間も費やしてやっとのことで来られた、

それくらい是が非でも来たかった、命からがらやって来たその都市は、

みるみるうちに小さくなりました。



2時半には我が家の最寄り駅の岐阜羽島に着き、

3時過ぎには実家に帰って来ることができました。


ようやく落ち着いてテレビのニュースを見ることができ、

事の重大さに改めて気づくことができました。


無傷で帰宅することが出来たのは、本当に奇跡だと思っています。

そもそも全員でバスに乗れたことだけでも、本当に恵まれていたと思います。


それもこれも全て、私たちの安全を第一に考えて

迅速かつ的確にサポートしてくださった、JICAスタッフの皆様のおかげです。

この場を借りて、厚く御礼を述べさせていただきます。

本当にありがとうございました。



そして、他の隊員のみんなと最後まで一緒に居られたことが、本当に幸せでした。

たぶん、一人だったら、どこかで挫けてたと思う。

みんなと居られたから、この混乱も困難も、乗り越えられたんだと思う。


でも、みんな基本的にボランティア精神を持った人たちの集まりだから、

誰しもがリーダーシップを取って行動するんですよね。


長蛇の列の公衆電話に並んで救援を要請してくれた隊員、

寒空の下、みんなのために温かい飲み物を振る舞う隊員、

雪が舞う中でも、自分の犠牲を顧みず、知らない人に服を貸した隊員。


看護師の隊員は地震ではぐれた子供たちを親身になって助けるし、

建築士の隊員は建物の耐震強度について語るし、

月並みな言い方だけど、助け合うということが、本当に大切だと思いました。



2011年3月11日は、

色々な意味で一生忘れられない日になりましたね。
b0207724_19263972.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2011-03-14 23:59 | 被災

被災②

朝目覚めても、事態は何一つ好転していませんでした。
b0207724_884455.jpg

b0207724_9162376.jpg

電気もガスも相変わらずストップしたままでした。


そして、相変わらず連絡のつかない隊員が5名いました。

不安は募るばかりでした。


新聞を開けば、郡山で潰れたビルの写真が目に飛び込んできました。
b0207724_831030.jpg

私たちも一歩間違えばそんな被害にも遭っていた可能性があったと思うと、

怖くて仕方がありませんでした。


朝ご飯として非常食や個人が所有していたお菓子を持ち寄ったものの、

私たちはわずかな空腹しか満たすことしかできませんでした。
b0207724_8121231.jpg



その後、ふもとの温泉街まで復興のお手伝いに行こうという話も出たのですが、

なるべく動かない方がいいということで、自重することにしました。


しばらくするとスタッフの方から、訓練所でバスをチャーターすれば、

埼玉県の大宮までは帰れるという提案が出されました。


ただしバスの乗員には限りがあり、一度で運べるのは20人が限界。

現在80人程度が残っているということで、少なくとも4便は必要ということになりました。


また、大宮に着いたとしても、そこから先の交通事情は明らかではありませんでした。

すなわち大宮から先は自己責任で移動する必要があるとのことでした。

最悪の場合、大宮で立ち往生してしまう可能性もあるということでした。


そこで、バスを待つ間、我々はホワイトボードをエントランスに並べ、

関東方面で動いている路線や道路状況についてなど、

そこに出来るだけ多くの情報をシェアできるようにしました。
b0207724_8144291.jpg

b0207724_9114170.jpg


語学の講師とも再会することができました。

震災時、彼は家に居たそうです。

彼にとっても、過去に経験したことが無い出来事だったそうです。



特に進展がないまま、お昼の時間になりました。

これが全員揃っての最後の食事になるかもしれないということで、

食堂に残っていた食料をかき集め、炊き出しを頂くことになりました。


おにぎりと、味噌汁。

たったこれだけでも、昨晩から非常食とお菓子しか口にしていない我々には

本当に温かすぎる施しでした。


ここで我々は今後の運命を左右する選択を迫られました。

選択肢はふたつ。


今日、一刻も早く帰るために、大宮行きのバスに乗るか。

明日、交通機関が回復していることを祈り、もう一泊するか。


私は後者を選択しました。


昼に出たとしても、大宮に着くのは夜か、下手すればそれ以降になってしまいます。

そうなると、大宮で立ち往生する可能性があるということになります。


そういった最悪の状況に陥ってしまっては、

二次被害を引き起こすことにもなりかねないということで、

まずはここに残って様子を見る決断をしたのです。



昼過ぎに、福島空港から臨時の飛行機が飛んでいるという情報が入ってきました。

行き先は兵庫県の伊丹空港ということで、

そちらに飛んだ方が都合のいい隊員は、このルートを選択しました。


すぐにタクシーを呼び、ここで7名と別れました。
b0207724_8213154.jpg

b0207724_8235846.jpg

修了式のときは「また会おうね」と笑い合っていたみんなとも、

もう二度とここには戻って来ないことを誓って、抱き合って別れました。


その後、バスが2台到着しました。

九州・四国・中国地方など、比較的遠い地域に帰る人から優先的に乗り込みました。
b0207724_831610.jpg

b0207724_8334583.jpg

b0207724_8353320.jpg


さらに小一時間ほど経過した後、もう一台のバスが到着しました。
b0207724_8374262.jpg

b0207724_8391331.jpg

これで、今日中に大宮に移動する組とは、全て別れることになりました。


この時点で、訓練所には22人が残りました。

うち4人は、福島以北に帰る隊員でした。


食堂のテレビは非常電源により常時点けられていたため、

空き時間はなるべく情報収集に努めました。


また、訓練所の館内を見て回ったりもしました。

慣れ親しんだはずの教室は、見るも無残な光景が広がっていました。
b0207724_8405387.jpg

b0207724_842748.jpg

b0207724_843196.jpg

b0207724_8445691.jpg

b0207724_8471037.jpg

b0207724_8481386.jpg


もっとも被害が甚大だったのが、図書室でした。
b0207724_8533441.jpg

b0207724_8545116.jpg

b0207724_8562366.jpg

b0207724_8574123.jpg

b0207724_8585913.jpg

b0207724_924438.jpg



午後5時過ぎ、ようやく電気が復帰しました。


また、最後まで連絡が取れなかった人たちとも、

奇跡的に訓練所で再会を果たすことができました。


彼らは福島に向かう途中の在来線で被災し、福島駅まで十数キロを歩き、

市役所で保護されていたそうです。




午後6時ちょっと前、事態は急変しました。

福島原発が爆発したという情報が飛び込んできました。


避難勧告が出されていたのは原発から半径20km以内ということで、

約50km離れている訓練所は避難しなければならないということはなかったです。


しかし、今後被害がさらに拡大した場合、福島から脱出できない可能性があるため、

できるだけ早いうちにこの場を離れた方がいいということで、

今日一泊するはずだった予定を急遽取りやめ、全員で避難することになりました。


最初は仙台方面、すなわち北に逃げるという話もあったのですが、

最終的には南に逃げることになりました。


ほぼ着の身着のまま訓練所を飛び出し、

バスの車内や個人のバッグに非常食を詰め込めるだけ詰め込んで、

全員がバスに飛び乗りました。


バスの発車間際、我々が訓練所に帰ってきたことを知ったと思われる、

二本松市の方からもたくさんの差し入れを頂きました。



b0207724_944055.jpg

こうして、私たち25名の絶望的ともいえる長い夜の火ぶたが切って落とされたのです・・・。




つづく。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-03-13 23:59 | 被災

被災①

とりあえず、生きてます。

ありのまま、私の目の前で起きたことを書きますね。



2011年3月11日午後2時46分、私は福島県の郡山駅にいました。

1時間後の新幹線の待ち時間を潰そうと、喫茶店に入って席に着いたその瞬間です。


最初は「あ、揺れてるな」ぐらいの感覚だったのですが、

徐々に椅子に座っていることすらままならなくなり、客はみんな机の下に隠れ、

あちこちで悲鳴があがりました。


店内のすべての棚からは食器や商品が落ち、やがて倒れ、

天井も一部崩れ落ちてきて、現場はパニック状態に陥りました。


正直、ここで「死」も覚悟しました。


店員さんの指示で、なんとか揺れが収まった隙を見計らって、

貴重品だけを持って店の外に出ました。


目の前に広がるのは、天井が崩れたことによる土煙なのか、スプリンクラーからの水煙なのか、

とにかく“灰色”の光景のみでした。


幸い、建物が崩壊するような兆しはなく、さらに店のすぐそばに下の階への階段があり、

その目と鼻の先に出口があったので、私たちは比較的早く建物の外に出ることができました。


外に出ても余震が続いているため、建物からはなるべく離れるよう指示されました。

私たちはおなじ駅舎の中にいた仲間(隊員)と合流し、訓練所に救助を要請しました。


やがて雪も舞ってきました。
b0207724_853969.jpg

しかし、建物の中に戻ることは許されなかったため、ひたすら寒空の下で耐えました。


ようやく駅スタッフだけ内部の確認に戻れるということになり、

近くにいた人に頼んで、なんとか全ての荷物を持ってきてもらうことはできました。


救助のバスを待つ間、駅の近くを散策したのですが、

瓦やガラスが落ちて割れていたり、歩道の一部が液状化していたり、

信号機が折れて道に落ちていたりと、目を覆いたくなるような酷い有様でした。
b0207724_855094.jpg



夜7時頃、訓練所から救助バスが到着しました。

普段なら1時間足らずで来れる道のりなのですが、

渋滞のため、3時間ほどかけて来たようでした。


この時点で郡山駅に隊員は40人以上残っていたのですが、

全員は一度に乗れないため、2回のピストン輸送に分けることになりました。

私はかろうじて一便目に乗ることができました。


訓練所には2時間ほどかけて戻りました。

途中、亀裂の入った道路や、半壊した家などを見ました。


訓練所に戻ると、他の訓練生の安否報告がありました。

新幹線の中に閉じ込められている隊員、近くの公民館に避難している隊員、

空港で足止めを食らっている隊員など、ほとんどの隊員とは連絡が取れたのですが、

中には連絡が取れない隊員もいたようでした。
b0207724_8565098.jpg

b0207724_8581789.jpg

(写真は他の隊員提供のものです)


訓練所に戻っても、ライフラインは全て寸断されていました。

幸い、電気は自家発電で一部まかなえるため、非常灯のみ点灯しており、

まったく真っ暗の中で生活するという最悪の事態は避けることができました。
b0207724_8585822.jpg


先に戻ってきていた隊員が、食事を用意してくれていました。

もちろん非常食ですが、食べ物を備蓄しておくことのありがたみを非常に感じました。
b0207724_8595168.jpg


夜11時頃、郡山に取り残されていた組も帰ってきて、

計80人ぐらいで一夜を明かすことになりました。


個室を使うことはできたのですが、布団は使えないため、

けっきょく寝袋で一夜を明かすことになりました。
b0207724_10242977.jpg

慣れない寝袋に加え、余震も止まらないため、非常に不安なまま眠りにつくことになりました。




つづく。
[PR]
by ito_akihiro | 2011-03-12 23:59 | 被災