「ほっ」と。キャンペーン


青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

二本松訓練所54日目

今日の主な出来事:

・朝の集い
・語学(ホーム×3、テクニカル×2)
・給食当番(昼の部)
・講座テスト
・おたんじょうび会(メガネ)


今日の語学ホームクラスは、こないだの英語版モノポリーの続きから。

麻雀とかもそうだけど、こういうストラテジックなゲームは大得意なんですよね。
なので周りの空気も読まず、圧勝してしまいました。
b0207724_235250.jpg

そしたらみんなから「腹黒い」だの「もう信じられない」の大合唱。
しょうがないじゃんね、勝負なんだから。

まあ、少し大人げなかったかな、とほんのちょっぴりだけ反省。



昼からは講座テストがありました。
これまで受けた講座の確認テストですよ。

もちろん受からなければ、追試があります。

追試も落ちたら・・・どうなるんだろ。
やっぱ派遣中止とかになるんかな。


で、さっそく夜に結果が返ってきたんですが、
見事に全科目一発合格してました。

ほっとひと安心。



あと、夜にはお誕生日会もありました。
メガネとメガネの。

NTC(Nihonmatsu Training Center)と
KTC(Komagane Training Center)とをSkypeで繋いだりして、
わりと楽しい時間を過ごすことができました。
b0207724_2372122.jpg

b0207724_23143191.jpg

b0207724_23172628.jpg

b0207724_23174771.jpg

b0207724_23183862.jpg

b0207724_23192357.jpg

b0207724_232028100.jpg

b0207724_23204426.jpg

b0207724_2321232.jpg

b0207724_2321195.jpg

こっちのメガネは今日で31なんだって。
てことは、生まれ年は同じでも、学年で言うとひとつ上なんだね。

ごめんな、先輩なのにメガネとかイジったりタメ口とか使ったりして。
今度から気を付けるわ。



(残り11日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-28 23:22 | 派遣前訓練

二本松訓練所53日目

23年度1次隊のPC隊員は、明日から技術補完研修なんですってね。

懐かしいなあ、銀座。
もうかなり昔のことのように感じますね。

もっかい我らがホーム、「さくら水産東銀座店」に行きたいなぁ・・・。



2月25日に発売されたばっかりの、
SONYの「HDR-CX180」というハンディカムを買ってしまいました。
b0207724_2238947.jpg

どうしても欲しかったから、あらかじめ予約しといて、
発売日にこっちに送ってもらったんですよね。

本当は所外活動とかアウトドアレッスンとかの
イベントの前に買っときたかったんですけど、まあしょうがないですよね。

この時期に買ったから、ほぼ定価だったんだけど、
とりあえず、残り少ないけどこの訓練所で6万円分の思い出を残そっと。



さて、今日の話。

今日は日曜なんで、オフ。
この全休日も、あと1回だけになっちゃったね。

午前中はちょっと早いホワイトデーということで、
ウチの班の男性陣から女性陣へドーナツの差し入れをプレゼント。
b0207724_22385269.jpg

おすそ分けということで、私も久しぶりにミスドを堪能させてもらいましたけど、
フレンチクルーラーって、こんなに甘くて美味しかったっけ。
b0207724_2240426.jpg

あかん、下界の味を完全に忘れてまっとるわ。



あと残りの時間は、ずっとレポートと格闘してました。

英語のレポートもあれば、「理想のボランティア像」なんていった、
歯の浮くような言葉を並べなければいけないのもありました。

とりあえず一日頑張ってなんとか全て片付いたので、
明日忘れずに提出すれば問題ない、はず。

内容はさておき、ね。



夜からは、生活技法講座の打ち上げということで、
講座委員、講師、アシスタントが集まって飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎ。
b0207724_22392018.jpg

でも、なんかヨソの飲み会と一緒の場所だったんで、
けっきょく途中から一緒くたになっちゃってましたけど。

やっぱ、こういう若者ノリにはついていけないね。
飲み会は嫌いじゃないけど、静かな大人飲みしか私は好みません。
b0207724_22403299.jpg

えっと、この写真は真田広之と宮川大輔とかたせ梨乃、だっけ。

しかも基本的にお酒が一滴も飲めないってのに、20倍ぐらいに薄めた
スパークリングワイン(水100㏄+ソーダ300㏄+赤ワイン3滴とか)を
を飲まされて、かなりフラフラです。

これがお酒が全くダメな人の実情です。
「飲めない」と「弱い」はぜんぜん違いますからね。


これで明日の講座テスト落ちたら、どうしよう・・・。



(残り12日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-27 22:52 | 派遣前訓練

二本松訓練所52日目

今日の主な出来事:

・One-day Outdoor Lesson



今日は「Outdoor Lesson」ということで、いつもの語学クラスのみんなで外に出て、
アウトドアで英語を勉強しようというコンセプトの企画が開催されました。

先週(2/16)は午前中の半日だけだったけど、
今回は「One-day」ということで、それの朝から晩までバージョン、てな感じ。

でもさあ、行き先とかやる事とかを自分たちで決める必要があったんだけど、
なぜか知んないけど、ウチのクラスは挙ってやる気のない人間の集まり。

私自身はどっか行って何か記念になるものを作りたい!って主張したんだけど、
「どこにも行きたくない」「めんどくさい」が多数派を占めて。

なんせウチのクラスはシニアが半分、女性が半分、JVの男性が自分だけってことで、
肩身の狭すぎる自分の意見なんて通るわけないじゃないですか。

だから、私は民主主義に屈したわけです。

でもなんとか譲歩してもらって、ていうか妥協に妥協を重ねて、
午前中だけ外に行くことになったのです。



というわけで、まずは臨時バスで二本松駅へ。
b0207724_23501380.jpg

二本松駅行きのバスに乗るのなんて、この訓練所に来た初日以来じゃないですかね。
まったく、どんだけ引きこもってるんでしょう。

二本松駅で、講師と合流。
b0207724_23505778.jpg

今日も天気は良かったですね。
昨日なんて雨風がどえらいことになってましたけど。

ウチの講師が晴れ男なのでしょうか。
なんか、昨日もスノボに行った途端に雨が止んだらしいですよ。


それはさておき、二本松駅から徒歩で第一の目的地へ。
b0207724_23513544.jpg

向かったのは「智恵子記念館」。
高村光太郎の『智恵子抄』でおなじみの方ですね。
知らない人はWikipediaをどうぞ。

彼女の地元がここ二本松ってことで、その記念館があるみたいです。
私もこっちに来るまで全然知らなかったんですけど。

途中、和菓子屋さんに寄って羊羹の試食でお腹を満たしたり、
b0207724_23522878.jpg

講師の住むアパートが山の向こうにあることを教えてもらったり、
b0207724_23525990.jpg

そんなこんなでいろいろ紆余曲折がありつつも、
b0207724_23542011.jpg

b0207724_23534226.jpg

b0207724_23545289.jpg

約40分ほど歩いて、到着。
b0207724_23552068.jpg

それにしても遠い・・・。
誰だよこんなプラン考えたの・・・。


これは彼女が生まれた家(酒屋)を再現してるんですって。
b0207724_2356849.jpg

中に入ると、

井戸に興味を示したり、
b0207724_23564495.jpg

お勝手に興味を示したり、
b0207724_23571130.jpg

急な階段に興味を示したり、
b0207724_23583780.jpg

縁側に興味を示したり、
b0207724_23591590.jpg

庭木に興味を示したり、
b0207724_23593511.jpg

また彼女の生家の裏庭には記念館が建っていて、
b0207724_00827.jpg

彼女が遺した作品が展示されており、非常に興味深いものがありました。
b0207724_003524.jpg


その後、記念館の裏手が遊歩道になっていたので、
タクシーが来るまでの待ち時間を利用してしばらく探索することに。



下山後は、昼食を取るためにレストランへ。
駅の近くにある、講師オススメのイタリアンレストランまでタクシーで移動しました。
b0207724_01478.jpg


これがさあ、前菜のサラダしかり、
b0207724_012361.jpg

カルボナーラやピザやリゾットしかり、
b0207724_014870.jpg

b0207724_022797.jpg

b0207724_024110.jpg

デザートしかり、
b0207724_03418.jpg

めっちゃくちゃ美味しかったわけですよ。
訓練所ではこんなイタリアンなんて絶対出会えないですもんね。

ま、ガーナ行っても出会えないだろうけどさ。


昼食後はレストランのオーナーに訓練所まで送っていただき、
普段の教室で英語のお勉強の続き。

で、その勉強ってのが、
「モノポリー」を英語バージョンでやろうってモノ。
b0207724_032793.jpg

どこが「アウトドアレッスン」なんですかね。
マジで誰だよこんなプラン考えたの・・・。

ゲームなんて休みの日にだって出来るじゃんね。
もっとさあ、せっかく公式に外に出られるんだから、アクティブに行こうよ。

なんてのは、口が裂けても言えません。

だって、肩身が狭いから。

これも、このクラスに入っちゃった宿命なのかな。
まあ、それなりに楽しかったからいいけど。
b0207724_044783.jpg


でも、時間が来たからって途中でゲームが終わっちゃったんだよね。
今日一日、何もかも中途半端だった気がする。


こうして、どうも腑に落ちない「Outdoor Lesson」は幕を閉じたわけです。


そして残ったのは、報告書です。


もち、英語で。



こうして、明日の休日もおそらく潰れるのでありました。



(残り13日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-26 23:57 | 派遣前訓練

二本松訓練所51日目

今日の主な出来事:

・朝の集い
・語学(ホーム3コマ)
・講座『感染症』


こんなのも見つけた。

一日だけ幸せでいたければ、床屋に行け。
一週間だけ幸せでいたければ、車を買え。
一ヶ月だけ幸せでいたければ、結婚しろ。
一年だけ幸せでいたければ、家を建てろ。
しかし一生幸せでいたければ、正直になることだ。


イギリスのことわざなんだって。


俺は・・・正直に生きてるつもり。

ここに来たのも、本当にやりたいことが、これ(協力隊)だったから。

サラリーマン時代なんて、自分にウソついてたからね。
生活のためだからって、やりたくない仕事をずっとやってて。

今思えば、なんであんなのやってたんだろうなぁ・・・。


ここに居られるのも残りたったの2週間となったわけですが、
最近、なんか変な感情が沸いてくるようになったんですよ。

言葉で説明するのはちょっと難しいんですけど、
いい歳こいた赤の他人同士が、学校でもないのに、
毎日おんなじ顔を合わせてるのが、なんか不思議でたまんなく感じてきたんですよ。

人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。
(フリードリヒ・フォン・シラー)


あっという間だったね、ホント。

あ、まだ分かんないか。

来週は講座と語学の最終試験。

これに通んなきゃ、これまでの苦労がすべて水泡に帰すわけだし。


正直、がんばります。



訓練所で英語の勉強してると、
「破傷風」とか「狂犬病」といった英単語も覚えちゃうんですよね。

現地でも役に立つんかなぁ・・・。



(残り14日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-25 23:08 | 派遣前訓練

二本松訓練所50日目

今日の主な出来事:

・朝の集い
・語学(ホーム3コマ+テクニカル2コマ)
・給食当番(昼の部)
・講座『海外における交通安全対策』
・スタッフ体験談


昨日の話が重かったと何人かからツッコまれたので、
お詫びがてらお気に入りの一枚をちょっと大きめで紹介。
b0207724_22443315.jpg

これ、みんなチョー可愛くない?
特に真ん中手前の男の子の可愛さったら奇跡だよね。

あ、でも一番カワイイのはもちろんメガ(以下割愛



で、今日の話。

今日の講座は『海外における交通安全対策』ということで、
実際にJICA関係者(ボランティア、現地調整員など)が遭った交通事故を紹介して、
日本での安全神話意識を払拭させようという意図のお話でした。

諸外国、特に途上国は、交通ルールなんてあって無いようなもの。
だから自分の身は自分で守るしか無いわけですよね。

でもさあ、こっちはしっかりルールを守ってても、
向こうが悪かったらどうしようもないじゃんね。

とりあえず、バスは後ろの方の歩道側に座ることにします。
車が突っ込んでくるとしたら、正面か車道側からだから。

あと、ガーナではヤギを撥ねた事故もあったそうですよ。
もう、何を想定すればいいのやら・・・。



今日も夕食後に、OVであるスタッフの方の体験談を聞く機会がありました。
20年以上前に、南米ホンジュラスにシステムエンジニアとして派遣された、
スタッフの中でもベテランの方。

以下、印象に残ったことを簡潔に。



どんな隊員にも、必ず4つのサイクルがある。

最初のサイクルは、希望に燃える『観光客の時期』。

誰しも大人になれば、何に対しても想像ぐらいはつく。
この年になって、普通の生活をしていれば、“はじめて”ってのが無い。

でも、途上国に放り出されれば、この年になっても、“はじめて”に出会う。
文化、人間、食べ物、そのほとんどが“はじめて”になるはず。

だから、何を見ても楽しい時期が1~3ヶ月ぐらいは続く。

次のサイクルは、『怒りの時期』。
向こうの人は往々にして時間にルーズ。

そうなると、自分の中のスタンダードと違うことで、
だんだんと“怒り”を覚えるようになる。

場合によっては、泣いて、笑って、ケンカすることにもなる。

説明会で見せられるような、現地の人と仲良くなっている映像なんて、まずありえない。
あれは広報用に作られたモノだから。

2年行って、最後の数ヶ月で仲良くなれるぐらいで、稀なほう。

次は、『あきらめの時期』。

最初は情熱を持って飛び込んだ世界も、時間が経ち、壁にぶつかることで、
いい加減にしちゃおうか、とか、なんとでもなれや、なんて思ってしまう。

そして最後のサイクルが、『同化の時期』。

なんだかんだあったけど、けっきょくは現地のスタイルに慣れてしまう。

そして自分は相手を受け入れ、自分は相手に受け入れられ、
やがて現地に染まっていくことになる。

そして帰国してからは、逆カルチャーショックを受けることに。




ストレス対策としては、

「まっ、いっか。」と開き直る。

そのまま放っておく。

逃げ場所を確保する。

料理をする。

釣りをする。




「男性は、適当なところで折り合いをつける」傾向にある。

「女性は、泥沼に入る」こともある。




結論としては、

あまり頑張らなくていい。

自分が正しいと思った、
自分が信じる方向に、
自分らしく、
自分のスタイルで進もう。



以上。
やっぱり訓練総括の方のお言葉は、ひとつひとつに重みがありますよね。

苦しい時期は誰にもあると思います。

だから、派遣中に怒るようなことがあったとしても、諦めるようなことがあったとしても、
みんなそうなんだ、って割り切ることにしましょう。


中国のことわざに、こんなのがあるんですって。

1時間幸せになりたいなら、酒を飲みなさい。
3日間幸せになりたいなら、結婚しなさい。
1週間幸せになりたいなら、牛を飼いなさい。
一生幸せになりたいなら、釣りをしなさい。


ああ、確かに釣りっていいかもしれないですね。
ほとんどやったことないですけど、ガーナで始めてみるのも一考かも。

でも湖にしろ海にしろ、ウチの赴任先からは相当遠いんですけどね・・・。



(残り15日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-24 22:56 | 派遣前訓練

二本松訓練所49日目

今日の主な出来事:

・朝の集い(隊歌練習)
・語学(ホーム3コマ+テクニカル2コマ)
・給食当番(昼の部)
・講座『ジェンダーと開発』


今日で四十九日ですよ。
死人だったら、今日でこの世にお別れを告げることになるわけですよ。

・・・って感じだったよね、確か。
四十九日目まではこの世とあの世の間にいて、
五十日目にあの世に行くことになるんじゃなかったっけ。

やめとこ。
縁起でも無いから。


今日はちょっと重い話をひとつ。

いつか話しとかなきゃいけないことだとは常日頃から感じてたんですが、
せっかくの機会だと思ったので、ここは勇気を出して、ひとつカミングアウトしてみます。

今日は訓練所内でフットサル大会が開かれてたみたいですね。
自分は参加するのもおろか、応援にすら行きませんでした。

実は、私は足が不自由なんです。
別に隠してたわけじゃないですが、あまり自分から口外したいような話題でもないんですよね。

この訓練所に来てからも、気付く人は気付くんですよね。
たまに調子が悪いと、左足を引きずって歩いたりするから。

ちょうどハタチの時に事故に遭って、それ以来ずっと不自由なんです。
10年以上が経った現在でも、未だに後遺症が残ってます。

折れたのは両足ともなんですが、より酷いのは根元からポッキリ折れた左足の方。
そっちをかばうようにしてたら、右足の方も悪くなってきちゃいまして。

今でもお医者さんからは杖を突いて歩きなさいって言われてるし、
(入院してた頃は)申請すれば身体障害者扱いになるって言われてたくらいです。

自分で言うのもなんですが、結構キツい時もあります。
長距離歩いた後とか、長時間立ちっぱだった後とか。

ただ、今も日常生活は普通にしてれば基本的には全く問題ないですし、
応募時のエントリーシートにもきちんと申告した上での派遣OKってことですから、
JICAからも健康的にはお墨付きを頂いていることになるんでしょう。

具体的には股関節に加重をかけるという動作がダメなので、
跳んだり走ったりというスポーツなんて言語道断です。

ちなみに「漕ぐ」という動作はこれらに関係ないので、自転車に乗ることはできます。
なので私のスポーツ関係の唯一の趣味は「マウンテンバイク」なんですよね。

こう見えても、昔はスポーツ一筋でやってきたんですよ。
クラブ活動だと、野球、バスケ、ハンドボール、バレーボール、
趣味も入れればスキーにスノボ、バドミントンなどなど。
運動神経には結構自信があったんですけどね。

ソーラン節でギリかな。
どちらかというとギリアウトの方だけど。
あの日以来、どうも足の調子が悪いんですよね・・・。

だから、かなり先の話にはなりますが、
この2年間の派遣が終わったら手術を受けようと思ってます。

本当は派遣前に万全の状態にしておこうかと思ったのですが、
直近に手術歴があると書類審査とかで引っかかりそうだったから、
とりあえず我慢することにしたんですよ。


で、今日の話。

上記の理由から、フットサルをプレイするのはもちろん不可能。

じゃあ見るだけでもいいじゃん、って思われるかもしれませんが、
それもなんか嫌なんですよね。

なんていうか、自由に動ける人を見ると、変な嫉妬心が沸いてくるんですよね。
嫉妬心っていうか、羨望的っていうか、むしろ悲愴感って言った方が近いのかな。

みんな何不自由なく走り回れてるのに、
そんな当たり前のことすら出来ない自分はなんて惨めなんだろうって。

事故に遭う前だったら絶対にあの輪に入ってるのに、
今はどう頑張っても絶対にあそこには入れないって思うと、
ものすんごく居たたまれない気持ちになっちゃうわけですよ。

だから、人が運動している姿を近くで見るのは、なるべく避けてるんですよね。
プロスポーツは別ですけどね。野球とか大好きだし。

あと、逆に何不自由ない二本の足が付いてるのに、
参加せずに傍観してるだけの人とか見ると、それもなんか嫌。

だって、やりたくても叶わない人がいるのに、
やれるのにやらないなんて、もったいないじゃん。

こう書くと誰かさんみたいに腹黒いねって思うかもしんないけど、
こればかりはどうしても、足が不自由な人しか分かんない気持ちだと思う。

だから、これ読んだ人だけでいいので、
私をスポーツとか運動に誘うのは避けて欲しいなぁ、と密かに思ってます。

ま、別にどっちでもいいけどね。
ちょっとヘコむくらいだから。


でもみんなでワイワイするのは基本的には嫌いじゃないので、
自分が出来ることならもちろん積極的に参加しますよ。

だから、自分の中でのベストは
「宿泊棟対抗マージャン大会」ですよ。

誰か企画してやろうよ、これ。



(残り16日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-23 23:11 | 派遣前訓練

二本松訓練所48日目

今日の主な出来事:

・朝の集い
・語学(ホーム×3、テクニカル×2)
・給食当番(昼の部)
・表敬訪問オリエンテーション
・予防接種(狂犬病③)
・スタッフ体験談


今までずっと避けてきたんですが、ついに給食当番が回って来てしまいました。
要するに皿洗いですよ。

今日は初日だったから楽しんでやれたけど、
回数こなすうちにだんだんと面倒臭くなってくるんだろうね。


最近、続々と出国前後の具体的なスケジュールが固まってきています。
それらを聞くたびに、いよいよ海外に行くんだな、って実感が沸いてきますね。

例えば今日あったのが、表敬訪問のオリエンテーション。

協力隊は日本国の代表として派遣されるプロジェクトなんで、
公式行事として県とか市町村とかに挨拶しに行かなきゃならないんです。

ちなみに我らが岐阜県は、県知事さんに直接お会いして面談できるらしいです。
これは、全国的に見てもごく稀なケースみたい。

まあ、単に田舎でやる事なくてヒマなだけだろうけど。

マスコミの取材とか受けちゃうのかな。
有名人になっちゃうね。困るなー。


ガーナに着いてからの日程も、とりあえず仮ですが、決まったみたいです。
予定表を見る限り、着いた翌日からやるべきことがびっちり。

しかも着いた翌週にはもう任地でのホームステイが始まります。
なんか怖くなってきた・・・。



あと、今日の夜には訓練所のスタッフ(ガーナOV)から現地における活動の
体験談を聞く機会があったので、忙しい合間を縫って参加してきました。

これまでにも何度かガーナOVの方々からお話を聞いてきましたが、
やっぱり十人十色とはよく言ったもので、みんなお話しされる内容が違うんですよね。

もちろん悪い意味じゃなくて、
色々な話を聞ける有意義で貴重なチャンスだね、ってことです。
だから、今後もこういう機会があれば、積極的に参加したいと思います。


以下、今日印象に残ったことを何点か覚え書き。


・地図で見ると分かるように、実はイギリスから真南がガーナ。すなわちガーナにはグリニッジ子午線が通ってる。んで赤道直上でもあるから、現地では「0度―0度に世界でもっとも近い国」と言われてるとかなんとか。
b0207724_22455178.jpg


・ということはすなわち、ガーナでは東半球と西半球で働く隊員がいるということになるわけです。ちなみに私の配属先は西半球です。日本があるのは東半球ですからね。てことで、私はある意味日本の真裏で働くことになりますね。

・マラリア対策には、住友化学の防虫剤入り蚊帳「オリセットネット」ってのがかなり有効らしい。なんでも蚊が網目を通ろうとするとネットにぽんぽんと突き当たり、そこに殺虫剤が練り込んであるので蚊帳の中に入る前に落ちていくんですって。ただし日本では売られていない。向こうでも売られているかは微妙。

・先生隊員はワイシャツ・スラックス・革靴が最低限のドレスコード。でも45℃もあるんなら校長先生にお願いすればTシャツでも許してくれるかも。

・ガーナで美味しい食べ物といえば「バンクー」。ちょっとググってみたけど、たしかに美味しそうですね。

・良い隊員とは、「自立して、自律する隊員」。要するに、自分で自分をコントロールできることが重要。

・我々は日本の代表として任国に行くことになります。日本では考えられないくらい、位の高い人に普通に会えるかもしれません。

・ただし、例えばある地域に新規に派遣されて、その人が大酒飲みだったりしたら、「日本人=大酒飲み」という誤ったイメージが植えつけられてしまいます。立ち居振る舞いには、くれぐれも気を付けること。



最後の項目は、ホントその通りだよね。
よりよい信頼関係を築くためにも、必ず心に留めておこっと。



やっぱり予防注射打った日は、なんか身体の具合がおかしい。
やたら眠いし、変なけだるさがずっと取れないんですよ。

ま、寝たら治るだろうから、もう寝よ。


(残り17日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-22 22:54 | 派遣前訓練

二本松訓練所47日目

今日の主な出来事:

・朝の集い
・語学(ホーム×3、テクニカル×2)
・講座「世界の宗教理解」
・班別ミーティング
・お誕生日会


なんか、毎週お誕生日会とか開いてるような気がする。
b0207724_2332734.jpg

まあ、こんだけ人がいっぱいいたら、誰かの誕生日には当たるよね。


気付いたら、ここに居られるのも、もう3週間切っちゃったね。

出国までも、あと1ヶ月ちょい。


そんだけ。


あ、今日は全くネタが無い。

なので、最近拾った、
これまでにここで公開してない写真を以下何枚かご紹介。



ソーラン節の説明に聞き入るの図。
b0207724_2352324.jpg


ケーキで乾杯?
b0207724_2364547.jpg


語学講師のクセをみんなで真似。
b0207724_237402.jpg


SASUKE大会in談話室。
b0207724_2383147.jpg


ヒゲとさっちゃん。
b0207724_23103249.jpg



他の人が撮ってくれた写真が、後になって手に入ることが多いんですよね。

というわけで、またネタが無い日に何枚かずつ公開することにしましょう。



(残り18日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-21 23:17 | 派遣前訓練

二本松訓練所46日目

Maaha!
(マーハ)


最近、かなり英語に疲れてきたので、
気分転換がてらガーナの現地語であるチュイ語の勉強もしてます。

ちなみに↑は「こんにちは」です。



ようやく待ちに待った休日。
先週一週間がハードにも程があったから、今日は丸一日休養に充てると決め込んでました。

その宣言どおり、今日は朝から晩までほぼ自室から出ずに引きこもり生活。

でもなんか、日がな一日報告書ばかり書いてた気がします。
b0207724_22575012.jpg

講座のレポートから、こないだのHalf-day Lessonのレポート、
あと受入先に送る所外活動の報告書も書きましたね。

私は文章を書くのは得意な方なのですが、
公式な文書に関しては大のニガテです。

要するに真面目な文章が書けないんですよね。

大学のときとかでも、
「○○について自分の意見を書け」ってレポートならスラスラ書けたんだけど、
「要約しなさい」とか「論述しなさい」とかだと、まったくダメ。

だから、たかだか数百文字のレポートでも、
一日がかりになっちゃうわけです。



今日はもうネタが無いので、最近お気に入りの曲を紹介してお開き。

ケツメイシ『君とつくる未来』


今 未来へ繋いでゆける全ては
大切な君と 出会えた意味
共に手を取り合って
たまにはぶつかり合って来たけど
君とつくる未来が楽しみで
未来へ

ありがとう 出会ってくれて
ありがとう 選んでくれて
君と今も会っていたって
なんだか まだまだ不安で
飛ぶ鳥の彩りを 色取り取りの毎日を
君と過ごすと すごく不思議で
ごく普通の幸せでも
君としかつくれない未来があるから
僕は君と君の未来と出会ったんだ
出会えたんだ

今 未来へ繋いでゆける全ては
大切な君と 出会えた意味
共に手を取り合って
たまにはぶつかり合って来たけど
君とつくる未来が楽しみで
未来へ

僕は今 ここに立って
感じる光や風がそこにあって
きっと そのおかげで生かされて
君と僕の日々は 満たされて
この なんでもない幸せな日々が
遠い未来へと続く意味は
どれほど大事 ? それこそ肝心
望む物など他にはないし
今が変われば未来も変わる
思うよりも早く地球も回る
僕らここに立つ意味は何だろう ?
君しかできない事があるだろ ?
今日 明日 明後日 未来をつくる
僕らが歩んだ道すじを映す
だから 今を大事にしたい
見たいのは 君がつくった未来

今 未来へ繋いでゆける全ては
大切な君と 出会えた意味
共に手を取り合って
たまにはぶつかり合って来たけど
君とつくる未来が楽しみで

何かが僕らを繋げて
この星で小さな出会い 生まれて
過ごす 君との日々の中に
光 輝きだした 夢の形
僕らにしかつくれない
そして 僕らでしか進めない未来へ
ここで今 出会えた意味を
探し拾い集めよう君と
いつも通り過ごしていく時間
今 目の前広がる 君との未来
温かくて 当たり前の幸せが
二人の日々を光らせ
守りたいものが少しずつ増えて
見たいもの そして夢が溢れて
この出会いが全ての始まり
歩んでいこう 僕らの明日に

周りにある何気ない物
それが今ではあり得ない物
無駄な戦い 破壊ならば無意味
考える君と ここに立つ不思議
失いつつある物、心
失くしてはいけない物心
人々の笑顔が見たいと尽くす
その一人の力 未来をつくる

今 未来へ繋いでゆける全ては
大切な君と 出会えた意味
共に手を取り合って
たまにはぶつかり合って来たけど
君とつくる未来が

今 未来へ繋いでゆける全ては
大切な君と 出会えた意味
共に手を取り合って
たまにはぶつかり合って来たけど
君とつくる未来が楽しみで
未来へ




JASR○Cに見つかりませんように。



(残り19日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-20 23:00 | 派遣前訓練

二本松訓練所45日目

今日の主な出来事:

・朝の集い
・語学(ホーム×3、テクニカル×2)


夕食を食堂でとっていると、誰かが「月がキレイ」って言うもんだから、
外に出てみると、確かにそれはそれは不思議な輝きを放っていました。
b0207724_23202347.jpg

写真じゃ伝わんないかもしんないけど、
なんかオレンジ色に光ってて幻想的だったんですよ。

で、空を見上げれば満天の星。
オリオン座も、冬の大三角形も、くっきり見えるんですよ。

これこそ、田舎の山奥の醍醐味ですよね。

ガーナの星空はどうなんだろうね。
日本では見ることのできない星座が見られたりすんのかな。



土曜の夜は、館内からごっそり人がいなくなるんですよね。

でも基本的に私は誰にも誘われない寂しい人なので、
おんなじ境遇の居残り組で茶話会をするのが恒例になってきましたね。

今日は非英語のクラスでお出かけしてた人が多かったみたいで、
おつまみ(おみやげ)には事欠かなかったので大変助かりましたよ。

b0207724_23211144.jpg

写真はおすそわけで貰った「morning」ってお店のヨーグルト。
めっちゃくちゃ濃厚で美味しいの。

あ、またA井さんがこっそり写ってますね。
なんだかんだで仲良いのかな。よく泣かされるけど。


今日はプレゼンで大失敗したんで、かなり凹んでます。

ていうか、今週はありえないくらいしんどかった。

とりあえず、今日は早く寝て、疲れ取って、嫌なことはさっさと忘れようよ。



(残り20日)
[PR]
by ito_akihiro | 2011-02-19 23:49 | 派遣前訓練