青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

Skypeボタン

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその709 独立記念日のおはなし

本日2013年3月6日水曜日、

ここガーナは56回目の独立記念日ということで、国民の祝日となっとります。


で、実は今日、Brong-Ahafo州の州都・Sunyaniでファンラン(市民マラソン)があり、

これに誰にも内緒でこっそりエントリーしてこっそり走る予定だったのですが、
(結果がアレだったら恥ずかしいから、あくまでこっそり、ね)

なぜか何度催促してもマラソン事務局からも予約したホテルからも全く連絡が来ず。


ああもう、こういうガーナの肝心な時に限ってテキトーな所、

今さらながら好きになれんし許せんわぁ・・・。


あーあ、なんで任期延長しちゃったんだろ。




さて、独立記念日といえば、例によって記念式典があちらこちらで開催されることになってます。

そのイベントの中心が、“マーチング”と呼ばれる、いわゆる学生による「鼓笛隊の行進」ですね。


ウチの街もご多分に漏れず、

我が物顔で公道を独占するもんだから、トロトロやタクシーの運転手がブチ切れる街中とか、
b0207724_0143364.jpg

全く遮るもののない炎天下のせいで、担架で運ばれる生徒が続出した小学校の校庭とか、
b0207724_0125548.jpg

街中のあっちこっちで、子供たちが“やらされてる感”プンプンで闊歩していました。



おや、そういばウチの高校の生徒たちがどこにも見当たりませんね。

この日のために授業そっちのけで練習してたはずなのに・・・。


現場で見かけた同僚の先生に尋ねてみると、

「KumasiのPalaceでやってんじゃない?」

との返答。


じゃ、せっかく祝日で学校も休みなんだし、

街も停電してるし、我が家の水も出ないし、ヒマつぶしに行ってみよっかな。


ということで訪れたのが、KumasiのPalaceといえばココ、

国立博物館にもなっている「Manhyia Palace(マンシア・パレス)」ですよ。
b0207724_0194295.jpg


が、中に入ってみると、完全にもぬけの殻。
b0207724_0223424.jpg

いやー、入口で嫌な予感はしたんだけどなぁ・・・。


おそらく、ここじゃなくて別のPalaceだったんでしょうね。

でも、KumasiのPalaceといえばここしか知らないし・・・。


ま、ここにいてもしょうがないし、帰るか。


というわけで、残りの半日は、電気の無いまるでサウナのような部屋の中で、

顎の先から流れ落ちる汗で床に水たまりを作りながら、ひたすら暑さに耐えたのでありました。


そんなおいらの、インデペンデンス・デイでしたとさ。




おまけ:

Kumasi界隈隊員ご用達の待ち合わせスポット「ROPPONGI」
b0207724_23355757.jpg

なぜに六本木?
[PR]
# by ito_akihiro | 2013-03-06 23:59 | ガーナ1303

ガーナその708 任期延長のおはなし

「K子と一分一秒でも長く一緒に居られますように」


そう夜な夜な、神様に、

いや、オニャンコポン様がいるであろうメッカの方向に向かい、

私は祈りを捧げ続けてきました。


そんなある日の夕食時のこと、

突然、目の前にある7個のバンクーが光り始めたのです。


そういえば、なぜかそのバンクーには、

1個から7個の星の形をしたマークが入っていたような気がします。


次の瞬間、辺りは暗闇に包まれ、

いや、元々ライトオフで真っ暗だったのですが、

夜空にひと筋の大きな龍さんが現れました。


そう、あれは確かにKumasiのAtonsu方面でした。


なぜか白目剥き出しで、木の枝みたいな角の生えたその龍は、


「さあ、願いを言え。どんな願いもひとつだけかなえてやろう」


と、初対面にも関わらず上から目線で話しかけてくるではありませんか。


そしたら我が願いはひとつしかありませんよね。

ギャルのパンティーを所望したいところをグッと堪え、


「ピッコロ大魔王に殺された人達を生き返らせてください。

 あとついでにK子と一分一秒でも長く一緒に居たいです。」


そう願うと龍さんはすっと消え、7個のバンクーは石のように固くなりました。

きっと時間が経ったからでしょう。


とりあえず4個の星が入った石だけ持って帰ることにしました。

なんとなく、じいちゃんのドラ・・・バンクーだと思ったからです。

たぶん1年ぐらい経てば元に戻ると思います。





翌朝。

それはちょうど1月の最終日のことでした。


いつものように職場で退屈を持て余していると、

重役出勤してきたカウンターパートから、藪から棒に


CP「イトー、任期延長しないか?」


との、寝耳にピュアウォーター発言。


これは、昨日の出来事が決して夢ではない、

昨日まで毎夜毎夜オニャンコポン様に祈り続けてきた願いがついに叶った、

そう私は直感的に悟りました。


私「(もう帰国手続きも随分進んでるから)とりあえずJICAに確認してみるよ」


既に帰国便も決まってるし、帰国関連経費も貰っちゃってるし、

まあ、十中八九無理だろうなぁ・・・と思ったら、

事務所からの返答は、意外にもYesでした。


私「なんか、OKらしいよ」

CP「そうか、じゃあ(延長期間は)1年か2年、どっちにする?」


・・・どうやら彼らは後任が来るまで私を引き止めていたいようです。


冗談じゃありません。

ただでさえこの2年間で染まりたくもない赤黄緑のガーナ色に染まりつつあるのに、

さらに1年も2年もいたら、ちょっとやそっとじゃ落ちなくなっちゃいますよ。


そもそもあと半年経ったら、あの娘は帰っちゃうわけですしね。


私「は?1年なんて無理だし」

CP「なぜだ?」

私「なぜって?」

CP「なぜだ?」

私「なぜって?」


一時間後・・・


CP「なぜだ?」

私「なぜって?」

CP「なぜだ?」

私「とにかく1年なんて絶対ヤダから。早く帰りたいし。半年でいいじゃん、半年で。あ、半年後だと9月末か。8月と9月はもう学期休みに入ってるから、ここに居ても意味ないよね。じゃあ、7月末までの4ヶ月延期ってことで。はい、これで決定決定っと」


・・・というわけで、配属先には半ば強引に4ヶ月間の延長ということで同意してもらったわけです。


私「なんか、4ヶ月延長ってことで円満に合意してもらいましたよ」

事務所「そうですか。で、伊藤さんは任期を延長するってことでいいんですね?」

私「(あ、そういえば何となしに延長する前提で話が進んでたなぁ・・・。ていうか、ここまで来て「やっぱ辞めます」なんて絶対に言えないし・・・)はぁ、まぁ・・・」

事務所「分かりました。じゃ、延長で」


とまあ、こんな感じでゆるーく任期の延長が決まりました。



その後、事務所との協議の結果、7月いっぱいまで活動した後、

なんやかんやで引き上げ期間+帰国プログラムが組み込まれ、

あれやこれやで8月の中旬にガーナを経つことになったというわけです。



22-4同期の皆様。

ひと皮もふた皮も剥けた伊藤に再会できる日は、今しばらくお待ちください。

そして日本に帰ったら、あれやこれやの救援物資をガーナに送ってくださると非常に助かります。


あと、機会があったら是非ガーナにも遊びに来てね!

フランクフルトからたったの7時間で来れちゃうよ!



先輩隊員の皆様。

過去に任期延長したガーナOVは数いれど、

2年5ヶ月もガーナから一歩も出ない(出る予定のない)隊員は私ぐらいではないでしょうか。


その私の覚悟、迷い、決断、そして後悔がどれだけでっかいモノなのか、

おそらく皆様が一番良くご存知なのではないでしょうか。


というわけで同情するなら救援物資を(ry



後輩隊員の皆様。

これからもこんな西アフリカの辺鄙な国で、もう少しお付き合いください。

そして今後とも仲良くやっていきましょう。


あ、どっかの隊次旅行に紛れてモレに連れてってください。



というわけで関係者の皆様方、もうしばらくの間、どうぞよろしくお願いいたします。




正直、任期延長するにあたって、めっちゃんこ不安が山積みです。


大きな事でいえば、5月にガーナでまさかの3度目の誕生日を迎えるわけですから、

帰国後の再就職の困難さに自らハードルを上げたカタチになったこと、とか。


小さな事でいえば、8月の真ん中に帰るとなると、

ちょうどお盆の帰省ラッシュ&夏休みの海外旅行ラッシュに巻き込まれて、

成田空港がカオスになってんだろうなぁ・・・とか。


まあでも、カオスといえばあのKejetiaで鍛えに鍛えられてますからね。

アレに比べれば屁でもないっしょ。




いや、でもマジメな話、

あ、もちろんこれまで出てきたのも全て大マジな話なんですけども・・・。


去年の末ぐらいから、日本での再出発のために、

ぼちぼち転職サイトに登録したりして転職活動を始めたわけじゃないですか。


でもね、年齢フィルターなのか学歴フィルターなのか、

履歴書送っただけで即お祈り、なんてのが一時期続いてヘコんだりもしたわけですよ。


だけどさ、ここではそんな私ですら必要としてくれるじゃん。


派遣期間延長願に書いた延長の理由は、ざっくり言うと、

今やってる私の仕事を、配属先の担当者に引き継ぐため。


自分は、今まで紙ベースでやってきた業務を、どんどん電子化してるんですね。

生徒の名簿とか、生徒会選挙の電子投票システムとか、

レポート(通知表のようなもの)のイントラネット配信とか、その他にも細々したものを色々と。


これ、たぶん私が居なくなったら、みんな元に戻っちゃうと思うもん。

せっかくさ、ここまで自分がコツコツ積み上げてきたものが、私が抜けるせいで振り出しに戻っちゃったら、

なんかモッタイないというか、不本意じゃないですか。


だから。

うん、だから、かな。


まあでも、きっちり最初に計画を立てて、ここ(引き継ぎ)までを2年間できっちり終わらすってのが、

協力隊員の本来あるべき姿なんでしょうけどね・・・。



しかも「俺がやり方教えるからさ」って配属先のC/Pとかに言うと、

「今みんな忙しいんだよな・・・」って返ってくるんですよね・・・。


まず、その意識そのものを変えさせるのが先決かなぁ・・・とか、現時点では思ってます。

ま、幸か不幸か、時間だけはたっぷり出来ましたからね。



その他にも延長を決意した理由は色々あって、決してひとつじゃないんですけどね。


例えば、この2年間、健康上の理由で何度か長期休養を挟みましたが、

それを全部足すと4ヶ月分ぐらいになるはずだから、それを埋め合わせるため、とか。


ガーナ10州制覇まであと1州(アッパーイースト州)まで迫ってるから、とか。

あとモレとかアコソンボとか、でっかい観光地にも関わらず意外にもまだ行ってないから、とか。


いちばん大きな理由?

そりゃあ、いちばん言いたいコトは、今日のブログのいちばん上に書いてますって!




実は今回の秋募集でも(要請は出ているんですが)合格者が居なかったということで、

後任が来るのは早くて25年度4次隊、すなわち丸一年後ということになります。

それでもダメなら半年後、それでもダメならさらに半年後・・・。


で、C/Pと最近ほとんど毎日繰り返してるのが、こんな会話。


「イトー、後任は来るのか?」

「来ないよ」

「なぜだ?」

「Applicantが居ないからでしょ」

「なぜだ?」

「(このブログのせいかなぁ・・・)さあ?」

「じゃあ、お前が見つけてこいよ」

「はぁ?無理だし」


翌朝、「イトー、後任は見つかったか?」

そして最初の会話に戻る。


もー、嫌だ。

そんなの、絶対おいらの仕事じゃない!


とりあえず、次の学期終わりまでは居ることが確定しましたから、

それまでにやれるだけの事はやりますから!


ええもう、やり切りますから!

延長するのは確定しちゃったんですから!

賽は投げられちゃったんですから!




果たして、今回任期の延長を決意したことは、本当に良かったのでしょうか。


とりあえず、現時点で良かったと思うことは・・・
b0207724_10182086.jpg

「有効期限の切れた公用旅券」というレアアイテムを手にできたことぐらいでしょうか。
[PR]
# by ito_akihiro | 2013-03-05 23:59 | ガーナ1303

ガーナその679

最近、ちょいとばかし本業が忙しいとです。

だもんで、しばらく日記はお休みということで。


あ、健康面はすこぶる順調です。

必要以上に水分を補給しているからでしょうか。

もう、鼻血が出るくらいカラッカラの乾季真っただ中ですからね。



とりあえず、先週末に撮った筆者近影。
b0207724_18311930.jpg

夕焼けとギニア湾とバカ3人 at ガーナ最南端Cape Three Points
[PR]
# by ito_akihiro | 2013-02-04 23:59 | ガーナ1302

ガーナその668

1コマ目の授業が終わって、2コマ目までの30分のインターバルの際のこと。

まったく知らないおばさんがおもむろにコンピュータラボに登場。


「インターネットしたいんだけど」


・・・はあ、休み時間だし、学校の関係者かもしんないから、

ちょっとパソコン触らせるくらいはいっか。


ということで席に案内して、端末の電源を点けてあげて、ブラウザを立ち上げてあげて、

私は再び自分の仕事に戻ったわけです。


するとしばらくして「動画が見れない」と、

不機嫌そうなそのマダムに再度呼び出されまして。


実はウチのコンピュータラボはYoutubeとかFacebookとか、

特定のサイトにはアクセス出来ないように全てのパソコンで設定済みなんですね。


「ここでは見れないです」

「なぜだ」

「ここは勉強するための場所だからです」

「は?」

「もしムービーとか見たいんでしたら、インターネットカフェにでも行けばいいのでは?」

「今すぐ見れるようにしろ」

「無理ですってば」

「ここに来ればタダでネットが出来ると子供から聞いた」


・・・うっわー、ついに出たかその言葉。

薄々は気付いてたけど、やっぱ赤の他人だったんじゃん。

ていうか、これぞガーナ版モンスターペアレント?


当然、即ゲットアウトしてお引き取り頂いたわけなんですが、

ラボを出て行く最後の最後まで文句をネチネチネチネチ。


これ、私にとってはまあまあ頭に来た出来事なんですが、

こんなんで腹立てるのは自分の器がちっちゃいのかな?


でもさ、向こうは決して悪気があったわけじゃないんだよね。

それは分かるんですけど、分かってるはずなんですけど・・・なんか、腑に落ちない。


百歩譲って放課後に来るんならまだしも、

でもガーナ人に時間のことであれこれ言うのはナンセンス・・・とか考えちゃう。



まあ、いろいろ自分で考えて、この件はなんとか対応していきたいと思います。


どうでもいいですが、最近任地にインターネットカフェがもいっこ新たに誕生しました。
b0207724_1731118.jpg

どんどん近代化が進んで便利になっていくウチの任地。

あとは住民の皆さんの「心の成長」を待つばかりですね・・・。
[PR]
# by ito_akihiro | 2013-01-24 23:59 | ガーナ1301

ガーナその667

メフロキン翌日恒例の悪夢。


今日見たのは、履歴書と職務経歴書を文房具屋さんでたんまり買ってくるという、

数ヵ月後に正夢になりそうな悪夢。



けっきょく昨日は夜遅くまで夢のような食事が並ぶ送別会に参加していたため、

U田隊員宅のソファーで一夜を明かして朝帰りとなったわけですが、

いかんせん今日は平日で学校があるということで、夜も明けきらぬうちに早々と任地へと帰還。


寝ぼけ眼でKejetiaまで帰ってみれば、

そのステーションのカオスっぷりですっかり目が覚めました。
b0207724_1651239.jpg

ダメだ。

ここで気を抜いていたら・・・殺(や)られる。




さて、時間ぴったしに学校に顔を出してみれば、やっとこさ授業が始まっていました。
b0207724_1612121.jpg


・・・が、どうやら今タームも当面は私の出番は無いみたい。

毎度のことながら、教壇に立つのはアシスタントか臨時か、といったところでしょうか。


まあまあ、別にいいんですけども。

やることは山のようにありますし。


ちなみに今日からやってる仕事が、タイムテーブル(時間割)がらみの作業。


・・・あのー、毎度のことながら、

これはボランティアが担当する仕事の範疇じゃないと思うんですけど・・・。


さすがに学校のマネジメント的なところに手を出すのは荷が重いというか、

お門違いというか、ぶっちゃけ無理というか・・・。


と、ボヤいてもしょうがないので、出来る範囲でなんとか頑張ってます。


ついでにこの作業から派生して、

教員のリスト(名前、担当科目、担当コマ数など)も独自に作ってみたりなんかして。


で、とりあえず教員の延べ人数は把握できました。


ウチの学校の総先生数、105人だそうです。


へー、そんなにいるんですね。

職員会議では最高60~70人ぐらいしか見なかったはずですけど・・・。
[PR]
# by ito_akihiro | 2013-01-23 23:59 | ガーナ1301