青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその12

朝。

得体の知れない鳥の鳴き声で目が覚めました。

ちょっと、いや、かなり不気味です。


やっぱりアフリカとはいえ、朝はTシャツ一枚ではちょっと肌寒いですね。


インターネットが繋がるか試してみたところ、

とりあえず繋がることは繋がるんですが、

上り・下りともに1kbs出れば御の字といった激遅スピード。
b0207724_19282919.jpg


まるでダイヤルアップ時代に戻った気分ですよ。

ここにいる間は、到底ネットなんて出来ないことを覚悟しました。




朝ごはんはスポンジケーキと、

「ココ」と呼ばれるうっすいミルクスープみたいな料理が提供されました。


・・・やっぱり口には合わないです。

スープが日本のお汁粉みたいな感じで、かなり甘ったるいんですよ。



朝食後、日曜日なので教会に行こうと誘われました。

Host FatherもMotherも牧師(司祭)さんらしく、どっちかに行かないか、とのお誘いでした。


別に断ってもいいみたいだったけど、

せっかくの機会なのでFatherの方について行くことに。


Fatherの車で、果てしなく続きそうな赤土の道路を走ること約20分。

名もなき(本当はあるんだろうけど)小さな村に到着。
b0207724_19333188.jpg



教会では立ったり、座ったり、歌うたったり、お金集めたり、

正直ぜんぜんよく分かんなかったけど、1時間半ぐらい色々やってました。
b0207724_19354951.jpg



それからみんなで村の中をウロウロして、3軒ほど家を回りました。
b0207724_19565531.jpg

b0207724_19381685.jpg

b0207724_195867.jpg

いずれの家も長老さんみたいな御年を召された方がいらっしゃいましたが、

移動が困難な人への巡回出張サービスみたいな感じなんでしょうかね。



再びFatherの車で来た道を引き返し、今度は高校の敷地内にある教会へ。
b0207724_19472722.jpg

ここでも同じように立ったり座ったり歌うたったり、の繰り返し。



終了後、歩いてHost Fatherの家に戻ると、

みんなで昼食の準備をしていたので、ちょっとだけお手伝い。
b0207724_19485794.jpg


プランテーンやイモを潰しながら、現地語のお勉強。

「つぶす」とか「すり鉢」とか、ちょっとレア?な現地語を覚えました。


お返しにこっちも、Host Familyの娘に日本語を教えてあげました。

でも「They」とか「How are you?」とか、

日本語に訳すのが難しい言葉って結構ありますよね。



そのお昼ごはんは、ガーナ伝統料理・フーフー。
b0207724_19505245.jpg

今まで食べたガーナ食の中で、これが一番マシかな?


それでも全部食べ切れなかったけど。

食べてる途中でFatherが来て、「全部食べることを期待してるよ」って言われたけどさ。


果たして、ガーナにいてそんな日が訪れることはあるのでしょうか。


今日も近所の人を交えて雑談してたとき、

Motherに「この子はガーナ料理食べないね」って言われたしさぁ・・・。



打ち合わせのため夕方4時に来ると言っていた語学の先生が、昼の2時頃に来訪。

このルーズさこそが、ガーニアンタイムなのでしょうか。


しかし、この先生の喋る英語がまあ聞き取れないこと。

明日の朝7時から始めるよ、って言ってたような気がするけど、

いったいどこでやるんだろう・・・。



その後、部屋でくつろいでいたら、突然ノックの音。

ドアを開けたら知らない女の子。


どうやらHost Familyの娘が、近所の子供を連れてきたらしい。

ここらへんだと、ただいるだけで白人は珍しいんでしょうね。


けどガーニアン英語も現地語も全然理解できないもんだから、

ずっと笑われてて、なんか屈辱的だった。


いや、それなりに英語は出来るんだよ。訓練も頑張ってきたわけだし。

ガーニアン英語が特殊なだけだって。



子供たちが帰ってからHost Familyのお兄ちゃんとしばらく喋ってたんだけど、

彼は「クラウドコンピューティング」とか知ってたぞ。


果たしてガーニアンのPCスキルは、どのくらいのレベルなんだろう・・・。



昼食を2時前に頂いたにもかかわらず、夕食が5時。

そりゃ、居候の分際で贅沢は言えないけど、もちっと空気読んでさぁ・・・。




暮れなずむ夕日を見ながら、夕涼みがてら縁側でスイカを頂きつつ物思いにふける、

そんなガーナの夕暮れ。
b0207724_19524763.jpg



暑さからも、まるで日本の夏の気分ですね。
b0207724_19552057.jpg

[PR]
by ito_akihiro | 2011-04-10 23:59 | ガーナ1104