青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその330

管理棟から「プリンタで印刷できないんだけど」って電話がかかってきて、

いざ行ってみたら端末どころか電源にも繋げていないなんて、単なる嫌がらせなんでしょうか。
b0207724_0555764.jpg



それはさておき、午前中は久々に授業を担当。
b0207724_1145282.jpg

こんな時に限って、まったく停電しないんですよね。


ここだけの話、ウチ(ICTの授業)の場合は、停電=授業中止ですからね。

停電になると、それが合図であるかのようにソッコーでみんな席立って帰っちゃうから、

授業を続けようにも続けられないんですよね。


青年海外協力隊員なら、電気が無くても生徒を引き止めて授業を続けるべきだろ!

・・・と思われた日本の皆さん、確かに理想はそうかもしれませんが、

私も派遣前はそういうモチベーションも一応ありましたが、今は、ねぇ・・・。


いやはや、発展途上国で暮らすのは、ホントに過酷ですよ・・・。


だから、(授業がお流れになるから)停電だとちょっぴり嬉しかったりもします。

もれなく「蒸し風呂のようなコンピュータラボで暑さに耐える」

という地獄がセットでついてきますけど。


そして休日や在宅時の停電は、ただ地獄でしか無いですけどね。




そして午後からは完全停電。


あー、こりゃ生徒はハナっから来ないだろうなぁ・・・と思ってたら、

なぜか時間通りにゾロゾロと集合。


その集団を率いるのは、ビシっとスーツを着こなした、見慣れないガーナ人。


何だろうと遠目に見てたら・・・あれ、授業始めちゃったよ。

「コンピュータの歴史」について語ってる。
b0207724_1173350.jpg


「ENIAC」がどうのこうのって喋ってるけど、

お昼過ぎの一番眠たい時間帯で、生徒誰も聞いてないっすよ。


そんなアウェイのピッチでも臆することなく、彼は電気の通わないラボで、

きっちり80分間喋り通して帰っていきました。


後から戻ってきたマイケルに、彼が何者なのかを尋ねると、

「誰だ、それ?」


・・・少なくとも新しい先生では無いらしいです。
[PR]
by ito_akihiro | 2012-02-22 23:59 | ガーナ1202