人気ブログランキング |


青年海外協力隊の平成22年度第4次隊員として、2011年3月から2013年3月までアフリカのガーナに派遣されています。ガーナの真ん中ら辺にあるのどかな田舎の高校で、コンピュータの授業を担当しています。


by エスパー

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

To be continue..
at 2014-01-31 23:59
フィンランドその⑤ めんたい..
at 2014-01-14 23:59
フィンランドその4 ロヴァニ..
at 2014-01-13 23:59
フィンランドその3 サンタク..
at 2014-01-12 23:59
フィンランドその2 犬ぞり~..
at 2014-01-11 23:59
フィンランドその1 名古屋~..
at 2014-01-10 23:59
ガーナその811 朝日放送「..
at 2013-06-16 23:59
ガーナその809 「ゼロで割..
at 2013-06-14 23:59
ガーナその781 ここ最近2..
at 2013-05-17 23:59
ガーナその761 ここ最近2..
at 2013-04-27 23:59

以前の記事

2014年 01月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

Bookmarks

カテゴリ

全体

応募段階
選考
合格後
技術補完研修
派遣前訓練
被災
出国前
派遣
考察
ガーナ1103
ガーナ1104
ガーナ1105
ガーナ1106
ガーナ1107
ガーナ1108
ガーナ1109
ガーナ1110
ガーナ1111
ガーナ1112
ガーナ1201
ガーナ1202
ガーナ1203
ガーナ1204
ガーナ1205
ガーナ1206
ガーナ1207
ガーナ1210
ガーナ1211
ガーナ1212
ガーナ1301
ガーナ1302
ガーナ1303
ガーナ1304
ガーナ1305
ガーナ1306
フィンランド
未分類

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ボランティア
海外生活

画像一覧

ガーナその628

大統領選にともなう移動規制も、ひとまずは本日で解除。

ということで、さっそく久しぶりにガーナ国内小旅行に出かけました。


ガーナ第二の都市・Kumasiから北へ2時間、まずはTechimanという町へ。
b0207724_1976100.jpg

そこからトロトロをチャーターし、走ること更に15分。
b0207724_1973993.jpg


着いたのが今回の旅の目的地、「Tano Sacred Grove」なる場所。
b0207724_0384968.jpg

直訳すると「聖なるタノ森」といったところでしょうか。

誰が呼んだか、「ガーナのカッパドキア」だそうですよ。


ちなみに同行したメンバーは、アシャンティ州&B/A州配属のなかよし10人組。
b0207724_0395360.jpg


そんな我々一行をまず出迎えたのが、青い空を覆わんばかりのおびただしい数の黒い飛行物体。
b0207724_1981945.jpg

実はこれ、鳥ではなく全てコウモリなんですね。
b0207724_1985153.jpg


これを、現地の住民は(食用のため)こんな銃で撃つわけです。
b0207724_18551197.jpg

それにしても、なにこの表情。

銃乱射問題で揺れてる昨今だってのに、まったく不謹慎な・・・。



閑話休題、いよいよ「Tano Sacred Grove」探訪スタートです。
b0207724_20554525.jpg

現地ガイドのプリンスさんの先導で、木漏れ日が射す幻想的な森の中をずんずん進みます。
b0207724_1951121.jpg

おや、大きな岩にぶつかりました。
b0207724_19525842.jpg

この岩の下は、大昔のリビングとキッチンだったんだとか。
b0207724_1993731.jpg

その昔、ここに住んでいた人々は、このようにこの大岩の下に集まって生活してたんですって。
b0207724_19212585.jpg

当然食器などは無いので、このような岩のくぼみをお皿代わりに利用したり、
b0207724_19215196.jpg

葉っぱをまるめてご飯を炊いたり、水を集めて飲んだりしたそうです。
b0207724_1930079.jpg



さらに鬱蒼とした森を奥へ奥へと進んでいくと、ちょっと視界が開けたところに出ました。
b0207724_19552790.jpg

ここから道は一気に険しくなっていきます。
b0207724_21195040.jpg

なんとか私も遅れないように必死についていきます。
b0207724_21203743.jpg

ほぼ垂直の心臓破りの岩をみんなで登りきったところで、
b0207724_21261527.jpg

ほっとひと安心、の記念撮影。
b0207724_21264983.jpg


しかし、険しい道のりはまだまだ続きます。
b0207724_21324838.jpg

b0207724_21443647.jpg

b0207724_21332830.jpg

b0207724_21453321.jpg

b0207724_214625.jpg

b0207724_21464799.jpg

b0207724_21525985.jpg

b0207724_21534675.jpg


当地における、最高難度の断崖絶壁登り。
b0207724_23224629.jpg

この難所を越えると、こんな天井の低い岩のスペースが広がっています。
b0207724_23252145.jpg

ここは、かつてPalace(コミュニティ長のお屋敷)だったんだとか。
b0207724_23234392.jpg

なので、腰を下ろす場所がちょうどこのようにお尻の形にくぼんでいるわけです。
b0207724_23244110.jpg

さて、今日の王様は誰でしょう? かどわキングかな?
b0207724_2326874.jpg


まだまだ聖なる地の探訪は続きます。
b0207724_1492737.jpg

b0207724_1495173.jpg

b0207724_150862.jpg

b0207724_1502513.jpg

b0207724_1504165.jpg

b0207724_1505968.jpg

b0207724_221537.jpg


おや、突き出した岩の上に誰か立ってるみたいです。
b0207724_159199.jpg

よく目を凝らして見れば、全員見知った顔でした。
b0207724_1593311.jpg

せっかくなので、私も登ってみることに。
b0207724_204963.jpg

その頂から見下ろすアフリカの大地は、
b0207724_19583035.jpg

180度、はるか地平線の果てまで見渡せる、まさに絶景でした。
b0207724_19592936.jpg

ぜひこのK脇隊員の写真に「地球の明日を見つめる青年海外協力隊」というキャプションでもつけて

JICAボランティアの募集広告にして欲しいくらいです。
b0207724_200213.jpg



さて、道のりはさらに続きます。
b0207724_20174271.jpg

b0207724_20195218.jpg

b0207724_20202265.jpg


そしてしばらく歩くと、またしても少し開けた場所に出ました。
b0207724_20204640.jpg

ここでは、かつてお祭りが行われていたんだとか。

そのお祭りってのが、この5本の線状の岩を、5人の男が出来るだけ早く登る競走なんですって。
b0207724_2045252.jpg

で、早く着いた上位2名が女性にプロポーズ出来る権利を得る、だったかな。

というわけで、我々も競走です。
b0207724_2053228.jpg

が、これが意外とつるつる滑る滑る。
b0207724_2048597.jpg

途中で身の危険を感じて、恐る恐る下りる私。
b0207724_2021175.jpg

優勝はS岡隊員でした。ちなみに彼が選んだのは予想通りK脇隊員でした。
b0207724_20485671.jpg


さらに歩くと、景色は再び鬱蒼とした森へと逆戻り。
b0207724_2134949.jpg

b0207724_214929.jpg

b0207724_214434.jpg

b0207724_2153996.jpg


shrineてことは、ここは神社のようです。
b0207724_2155648.jpg

b0207724_21105971.jpg

よく見ると、お供え物が置いてありますね。
b0207724_2162568.jpg


そして、入口に戻って、これで探訪はおしまい。
b0207724_21113795.jpg



2時間あまりのトレッキングツアーでしたが、

ほとんど手つかずの自然が我々を出迎えてくれます。


ガーナ在住の皆さまにも是非オススメしたい、隠れた穴場スポットだと思いますよ!
b0207724_201649.jpg

by ito_akihiro | 2012-12-15 23:59 | ガーナ1212